スポンサーリンク

「自主管理大家」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「自主管理大家」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「自主管理大家」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「自主管理大家」の意味

物件の管理を業者に委託せずに、全て自分でする大家

「自主管理大家」の解説

「自主管理大家」「じしゅかんりおおや」と読みます。

意味は、「物件を管理業者に委託せずに、全て自分でする大家のこと」です。

入居者への日常的な対応や、仲介業者とのやりとりなどを全て大家さんが自ら行うスタイルです。

メリットは「管理会社への委託費用が節約できる」「賃貸経営の知識が身に付く」「各業者への人脈が広がる」などがあります。

逆に「時間と手間、労力がかかる」「クレームやトラブルの解決でストレスが溜まる」「自分で対応できるエリアの物件に限られる」などがあります。

いつクレームやトラブルの連絡が入るか分からなかったり、家賃を滞納する人への対応などもあるので、かなりの覚悟が必要です。

「自主管理大家」の使われ方

「自主管理大家」は、不動産用語として使われます。

「自主管理大家の物件はトラブル対応が早い」「自主管理物件を副業にしたい」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典