スポンサーリンク

「自傷行為」と「自虐行為」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「自傷行為」と「自虐行為」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

メンタルの不調にまつわる専門用語は複数あります。

この記事では、「自傷行為」「自虐行為」の違いを分かりやすく説明していきます。

病状の違いを、正しく学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「自傷行為」とは?

自傷行為とは、自分で自身のからだに傷をつけること。

腕を刃物でカットする行動から、リストカットと呼ばれています。

自傷行為は自殺のひとつと思われることもありますが、様相は異なっています。

「本当はまだ生きていたい」と強く思っているからこそ、おこなわれるのが自傷行為だからです。

自傷行為をする背景には、悩みやコンプレックスを打ち消したいという願望があります。

また過去のトラウマから逃れるために、傷をつけることもあります。

自傷行為は自分の悩みを自分でどうにかしたいと思うあまり、極限まで走ってしまう行動です。

そのため真面目で責任感のある人ほど、自傷行為に進みやすい傾向があります。

自傷行為をやめるためには、心療内科など専門家の手助けをかりることが重要になってきます。

「自虐行為」とは?

自虐行為とは、自分で自分をおとしめること。

自分の弱さや欠点を見つけて、苦しめることです。

「自分をいじめること」が自虐行為といえます。

自虐行為は「自虐的・自虐ネタ」ともいわれます。

自虐ネタは吉本興業のお笑い芸人から生まれたもので、自分の失敗談をネタにすることです。

あえて自分の弱みをさらけ出し、お客さんのウケを狙う手法です。

最近では会社や学校でも人間関係を円滑にするために、こうした自虐ネタが幅広くつかわれています。

自虐行為はうまく使えば、周囲の人とちょうどいい距離をつくっていけます。

一方であまりに多用すると「愚痴っぽい・いんきくさい」と引かれてしまうデメリットもあります。

明るい自分、失敗した自分。

どちらもバランスよくさらけ出していくことが、良い人間関係づくりに役立ってくれます。

「自傷行為」と「自虐行為」の違い

どちらも四文字熟語のため、紛らわしいです。

「自傷行為」「自虐行為」の違いを、分かりやすく解説します。

・注意したいのは「自傷行為」
「自傷行為」「自虐行為」はよく似ていますが、メンタルクリニックで用いられているのは「自傷行為」になります。

自虐行為は自虐的・自虐ネタなど、自分をおとしめる会話のテクニックのひとつです。

自傷行為はリストカットのように、自分のボディに傷をつけることを指します。

また複数のピアスの穴をあけること、髪の毛をわざと抜くことも含まれます。

いずれも「自分を愛したい」と思ってはいても現実を受け入れられず、苦しみから逃れるためにしている行動です。

周囲に自傷行為をおこなっている方がいたら、SOSだと受けとめて、適切な医療機関に導いてあげることも大切になってきます。

まとめ

「自傷行為」「自虐行為」の違いを、分かりやすく解説しました。

緊急性が高いのは、自傷行為。

リストカットと呼ばれ「自分のからだを傷つける心の不調」です。

よく似ている自虐行為は医療用語ではなく、会話のテクニックのひとつ。

自分の失敗談をわざとひけらかすことです。

正確な知識を知って、身近な暮らしに役立てていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典