スポンサーリンク

「自己中」と「モラハラ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「自己中」と「モラハラ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「自己中」「モラハラ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「自己中」とは?

「自己中」の意味と使い方について紹介します。

「自己中」の意味

「自己中」「じこちゅう」と読みます。

意味は「ものごとを常に自分中心に考えて、周囲の人のことを考えない様子のこと」です。

「自己中」の使い方

「自己中」「自己中心的」を略した言葉で「自己チュー」とも言い、ものごとを常に自分中心に考え、周囲の人達のことを考えない言動をする人のことです。

自分が一番有利な様に、満足いく様に考えて、他の人達をそのやり方に従わせようとします。

人が不快に思っているけれども大人の対応で、渋々譲ってくれていることに気づかないのです。

視野が狭く、他の考え方を受け入れられず、人から注意されると逆ギレすることもあります。

精神的に未熟な人が多く、大きなきっかけがないと一生「自己中」が続きます。

「モラハラ」とは?

「モラハラ」の意味と使い方について紹介します。

「モラハラ」の意味

「モラハラ」「倫理や道徳に反した言動により、相手に嫌がらせをすること」です。

「モラハラ」の使い方

「モラハラ」「モラルハラスメント」を略した言葉です。

相手を侮辱したり罵倒したりして、人格を否定し尊厳を傷つける言動をします。

大声で怒鳴ったり、きつい口調で言うので、言われた人が萎縮したり、「自分が悪いんだ」と暗示にかかってしまい、うつ状態になることもあります。

「モラハラ」はDVとは違い、言葉による暴力で精神的に攻撃を加える行為です。

「だからお前はダメなんだ」「生きてる価値ナシ」など、非常識極まりない言葉で相手を追い込みます。

「自己中」と「モラハラ」の違い!

「自己中」は「ものごとを常に自分中心に考えて、周囲の人のことを考えない様子のこと」です。

「モラハラ」「倫理や道徳に反した言動により、相手に嫌がらせをすること」です。

まとめ

今回は「自己中」「モラハラ」の違いをお伝えしました。

「自己中は自分本位な言動をする」「モラハラは言葉で相手を攻撃する」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典