スポンサーリンク

「自由設計」と「注文住宅」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「自由設計」と「注文住宅」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「自由設計」「注文住宅」は、戸建住宅に関して使用される言葉ですが、違いを知っていますか。

この記事では、「自由設計」「注文住宅」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「自由設計」とは?

「自由設計」は、土地とそこに建つ家のプランが用意されていて、間取りは自由に変更できる戸建住宅のことです。

間取りの変更は自由でも、キッチン、バス、洗面所などの設備や、内装や外装などの仕様は変更できない場合が多くあります。

設備や仕様に関しては対応が建築会社によって異なり、変更可能な場合もあります。

なお、基本的には建築会社の変更は行うことができません。

「注文住宅」とは?

「注文住宅」は、設備・仕様・間取りなどを自由に決められる戸建住宅のことです。

土地の売買と建築会社の決定は別に行うことができます。

設備も間取りも自由に選べるため、こだわりのある家を建てたい方に向いています。

「自由設計」と「注文住宅」の違い

「自由設計」は土地と家のプランが一緒になっている家のことです。

間取りの変更は可能ですが、設備や仕様は変更できないことが多いです。

「注文住宅」は土地の選択や建築会社の選択が別で自由に行うことができ、間取りや仕様は自由に選ぶことができます。

料金は「自由設計」の方が安い傾向があります。

自由度が高くこだわりのある家を建てられるのは「注文住宅」です。

まとめ

「自由設計」「注文住宅」では、間取り・仕様・設備などの自由度が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典