「色白」と「美白」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「色白」と「美白」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「色白」「美白」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「色白」とは?

「色白」の意味と使い方について紹介します。

「色白」の意味

「色白」「いろじろ」と読みます。

意味は「特に肌の色が白いこと」です。

「色白」の使い方

「色白」は、生まれつ肌の色が白いことを言います。

日本人は黄色系の肌の人が多いのですが、その中でも持って生れた肌の色が白く、青白く見えることもあります。

「色白」の人は紫外線に弱く、急に日焼けをしようとしても赤くなって皮がむけてしまいます。

毎日スポーツやアウトドア活動を続けていれば、元が「色白」でも恒常的な日焼けにより小麦色になることもあります。

日本では「色白」は美人の条件と言われています。

「色白は七難隠す」は、「色白の人は容貌に多少の欠点があっても、それを全てカバーできる」という意味のことわざです。

「美白」とは?

「美白」の意味と使い方について紹介します。

「美白」の意味

「美白」「びはく」と読みます。

意味は「主に美容法により女性の肌を白くすること」です。

「美白」の使い方

「美白」は、生れ持った肌の色を元に、美容法により努力して肌の色を維持したり、肌のくすみを防ぐことを言います。

美容業界では「メラニンの生成を抑えて、シミやそばかす、くすみを防ぐこと」という意味で使われています。

肌は紫外線に当たると防護する為に「メラニン色素」を生成します。

これが肌の表面にできると色素沈着が起こり、シミやそばかす、くすみの原因になるのです。

「美白」は、美白化粧品やレーザーなどの機器を使用して、メラニンが排出される様にして、色素沈着を起こしにくくすることです。

「色白」と「美白」の違い!

「色白」「特に肌の色が白いこと」です。

「美白」「主に美容により女性の肌を白くすること」です。

まとめ

今回は「色白」「美白」の違いをお伝えしました。

「色白は生まれつき肌が白い」「美白は美容法により肌を白くする」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典