スポンサーリンク

「色鉛筆の赤」と「赤鉛筆」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「色鉛筆の赤」と「赤鉛筆」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「色鉛筆の赤」「赤鉛筆」は、どちらも赤い色をしていて、見た目に大きな違いはありませんが、何か違いがあるのでしょうか。

この記事では、「色鉛筆の赤」「赤鉛筆」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「色鉛筆の赤」とは?

黒い芯をした「鉛筆」の芯は、黒鉛と粘度を混ぜ合わせたものを焼き固めて作ります。

「色鉛筆」の芯は、顔料、タルク、ロウ、糊などを混ぜ合わせ、乾燥して作ります。

そのため、色鉛筆は鉛筆に比べて芯が柔らかいものが少なくありません。

しかし、色鉛筆にも硬質、中硬質、軟質といった硬度があります。

「色鉛筆の赤」は、黒鉛と粘度で作った芯ではなく、顔料やタルクなどを混ぜ合わせて乾燥させた芯が使われています。

顔料には赤いものが使われます。

また、色鉛筆には油性と水性があります。

油性色鉛筆は水には溶けず、油やテレビンなどの揮発性油に溶けます。

一方、水性色鉛筆は水に溶ける性質があり、水彩画のような表現ができます。

「色鉛筆の赤」には、油性のものも水性のものもあります。

そして、赤といっても紅葉色、海老色、唐紅、薔薇色などさまざまなものがあります。

「赤鉛筆」とは?

「赤鉛筆」と呼ばれるものは、主に採点をしたり、注意書きなど強調したいときに使用される赤色をした色鉛筆のことです。

赤青鉛筆として、一方は赤、反対側は青になっている鉛筆もあります。

芯は一般的な色鉛筆と同じように作られています。

「赤鉛筆」として売られているものは、水性のものは一般的にはなく、油性のものになります。

赤色の種類は、どのメーカーも近い色になっていて、「朱」と呼ばれる色が使われていることが多いです。

「色鉛筆の赤」と「赤鉛筆」の違い

「色鉛筆の赤」は、スケッチや塗り絵などの用途に主に使用されています。

さまざまな赤色があり、水性と油性があります。

「赤鉛筆」は、主に採点や目立たせたいときに使用されています。

多くは油性です。

「朱」と呼ばれる色が使われていることが多くあります。

まとめ

「色鉛筆の赤」「赤鉛筆」は、色の種類や用途が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典