スポンサーリンク

「若者離れ」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「若者離れ」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、若者離れの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

若者離れとは?意味

「若者離れ」【わかものばなれ】とは、若い世代があることから離れていき、衰退していくことを意味しています。

この若者が離れている現象が起きる原因には、その物の機能や性能が時代遅れで使えないとか、若い人への需要がないなど今の時代に合わないので心が離れていきます。

心をうまく掴めない若者離れする物としては、若者が金銭的になかなか手が届かないとか、負担がかかると感じるものなどデメリットがあると思うものです。

若者離れの概要

多くの若者が離れていくさまを若者離れと呼び、いかに時代遅れとなっているかを表現できる言葉になります。

若者離れがすすむ原因のほとんどがお金であり、賃金の低さに対して税金や保険料が上がっているため娯楽や趣味にかけられるお金がないことがあげられます。

挑戦する機会も失っている若い世代は乗り物やスポーツ、旅行、アニメなどありとあらゆるものに興味を示さなくなり、自分が生活するので精一杯である現実が若者離れを加速させるわけです。

最近は活字からも若者離れが進んでいますが、辞書や教材で長文を調べる機会が減り、なんでもスマートフォーンやパソコンで調べる時代となっていることも原因となっています。

若者離れの言葉の使い方や使われ方

興味が持てないことや、やってもメリットを感じないものから遠ざかってしまう若い人が多い現象を若者離れといい、その物が魅力的ではないということを言い表すときに使います。

使い方としては「若者離れが深刻な会社」「若者離れが進む街」と言い、今の状況が悪い方向へと進んでいるさまを言い表すときに使います。

主に、高くて若い世代が金銭的に購入が容易にできないときや、就職先が少ない地方では生活ができないので都会に住む場所を見つけるために地元から出て行ってしまうなど、若者が今の困った状況を脱却するためやむなく離れていく場合と、いい状況にしようと故意に離れていくときに使う言葉です。

若者離れを使った例文(使用例)

・若者離れが深刻な地方の都市部のアパートは入居者集めに必死だ。

・若者離れした時代遅れのレコードだが最近また人気が出てきた。

・30年前に流行ったが、携帯の普及により若者のポケベル離れは急速に進んだ。

給料が低くて生活ができない、理想的な働き口が見つからない地方都市では若者の数が減っており、アパートが埋まらないため不動産会社も様々な活動しています。

MDやCDが普及し始めるとレコードが売れなくなってしまいましたが、最近はまたその音の良さがまた若い世代で見直されて人気が出てきています。

しかし、電化製品はどうしても時代のニーズに合うものが最優先されますので、機能や性能が古いものは若者の心を掴めないまま衰退していくのです。

まとめ

ゲームやカラオケ、服など本来なら若者が好むものからも若者離れが進み、売り上げが低迷しているままでは日本の経済へ影響します。

できれば積極的に若者が外へ出かけて遊び、いろいろな物を買い、サービスを利用しやすいように工夫すれば若者離れを食い止め、幸せな日本の未来を創っていけるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典