「苦笑」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「苦笑」について

「苦笑」「くしょう」と読みます。

「苦笑」だけで「にがわらい」と読む人もいますが、基本的にはその場合は「苦笑い」と送り仮名が付きます。

「苦笑」の意味

「苦笑」の意味は、心の中では「嫌だな」「笑いたくないな」と思っていながらも、その場の雰囲気に併せて仕方なく笑うことです。

不快に思ったり、不意を付かれて戸惑ったりした時に取りあえず笑ってごまかす様子を表しています。

「苦笑」は文字通り「苦い笑い」が短縮されたもので、ニッコリと歯を見せたり声を出して笑うのではなく、中途半端な笑みを浮かべたり、少しだけ息をもらしたり、眉毛を八の字に下げたりする表情をします。

「苦笑」の言葉の使い方

「苦笑」の言葉の使い方には幾つかのポイントがあります。

笑い方による表現の違いに注意

日本語には「苦笑」の他に笑いを意味する言葉があります。

そえぞれ意味が違いますので、使い方に注意しましょう。

「苦笑」は先述の通り、面白い訳ではないけれども仕方なく笑うことです。

「失笑」は、笑ってはいけない場面で何かおかしいことがあり耐え切れず、思わず吹き出してしまうことです。

「冷笑」は、相手を自分より劣るものと見下して笑うことです。

「嘲笑」は、相手を馬鹿にして笑いものにすることです。

「苦笑」は自分の内面的なことが理由で笑うものですので、他人に対する笑いではありません。

メールには不向き

よくメールの文章で「あいにくその日は出張がはいっており、欠席致します(苦笑)」などと使う人がいますが、これは避けた方が良いでしょう。

送信者としては、「自分ではどうにもできずに申し訳ない」という苦しい気持ちを表現したものですが、本来は「おかしくもないのにその場しのぎで笑うこと」ですので、相手にとって失礼にあたります。

「苦笑」を使った例文・短文(解釈)

「苦笑」を使った例文と解釈を紹介します。

「苦笑」の例文1

「後輩からミスを指摘されて思わず苦笑した」

先輩は後輩よりも仕事ができる筈の存在です。

しかしついうっかりミスをしてしまい、それを後輩から指摘されるとプライドが傷つけられて動揺するものです。

かと言って常識的な人ならば言い訳をしたり後輩にキレる訳にもいかず、素直に言うことを聞くしかありません。

どの様な表情をしたら良いのか分からなくなり、取りあえず力なく笑ってごまかしている様子がうかがえます。

「苦笑」の例文2

「部長のオヤジギャグに苦笑せざる負えなかった」

社会人になると例え嫌な上司とでもうまく付き合っていかなければなりません。

会社の飲み会で上司の隣になると、話し相手をすることも仕事のうちなのです。

一方的に聞き役に回りながらも「つまらない」「席を移りたい」と思っている事でしょう。

部長が場を盛り上げようとつまらないオヤジギャグを言った時に、最も近くにいる手前無視する訳にもいかず、渋々と笑う様子を言い表しています。

「苦笑」の例文3

「支払いをしようとしたら財布を忘れていて苦笑してしまった」

コンビニで買い物をしてレジに並んだら、財布を忘れていることに気付き、思わず一人で笑ってしまうことがあります。

自分の番になって電子マネーやお財布ケータイ機能が使えれば良いのですが、それができない場合には品物を置いて財布を取りに返るしかありません。

悪いことをしている訳ではないのですが恥ずかしい上にバツが悪くてどうしようもなく、笑ってごまかしている様子を表しています。

「苦笑」の例文4

「彼はウソをついたことがバレて苦笑を浮かべた」

実際よりも自分をほんの少しだけ良く見せたくてついウソをついてしまうことがあります。

そのウソは深刻なものではなく「週末はいつも誰かに誘われている」「キレイ好きだ」などと小さなことが多いでしょう。

しかし実際に休日に家に訪ねて行ったらいたり、部屋が散らかっていたりするとウソがバレてしまうでしょう。

とりつくろい様もなく、その場しのぎに困った表情で笑う様子です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典