スポンサーリンク

「華金」と「プレミアムフライデー」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「華金」と「プレミアムフライデー」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「華金」「プレミアムフライデー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「華金」とは?

「華金」は、1990年代に流行した言葉で、ちょうど週休二日制に移行した年でもあり、金曜日から次の日の2日間は休みだからパーっと遊ぼうというのが、「華金」です。

つまり、華やかに金曜日は遊ぼうというのが「華金」になり、実は会社が早く仕事を終えることではありません。

なお「花金」という言葉もあり、こちらは一度にたくさんのお金を消費して遊ぶのではなく、あまりお金を使わずに遊んだりすることを指します。

「プレミアムフライデー」とは?

「プレミアムフライデー」は、日本の消費の増加を見込んだ日本政府のプロジェクトの一つで、企業側は毎月最終金曜日を15時にお仕事を終えさせるというプロジェクトを開始したのです。

ただし、この日本政府のプロジェクトはあくまでお願いベースで強制力はありません。

「華金」と「プレミアムフライデー」の違い

「華金」「プレミアムフライデー」の違いは、お仕事終わりにパーっと景気よくお金を消費するか、単に政府がお金を使ってほしいが故会社の営業を早めて個人消費を伸ばそうとするかという違いです。

「華金」は、華やかにお金を使って遊ぶことですが、「プレミアムフライデー」は実のところ、政府が提案した案に過ぎず、企業側は別に従う必要性はありません。

「華金」の例文

・『華金だし、クラブに行くか』 この例は、金曜日だし、次の日から2日間休みなのでクラブに行って華やかにお金を使って遊ぼうという例です。

1990年代はバブル期だったが故、お金が余るという現象があり、このような考え方がありました。

プレミアムフライデー」の例文

・『わが社に、プレミアムフライデーという物は無い』
この例は、政府が提唱した、プレミアムフライデーという制度は一切なく、通常通り会社を営業するという例になります。

大手は、「プレミアムフライデー」の精度を利用することはありますが、小さな会社は利益を優先するため、政府の都合を無視したことも多く、実のところ、「プレミアムフライデー」は政府の思惑に反して浸透しませんでした。

まとめ

「華金」「プレミアムフライデー」の違いは、考え方のベースがまず異なります。

「華金」は、自らが望んで楽しむために金曜日にお金を浪費することですが、「プレミアムフライデー」は個人の消費を伸ばしたい、政府の勝手な都合です。

その為、「プレミアムフライデー」には強制力がなく、「プレミアムフライデー」を実行できる会社はホワイト企業、できない会社はブラックかもしれない企業だという認識まで持たれるなど、企業側にとってはあまり良い制度ではないとまで言われています。

従業員側にも実はメリットがないと言われていて、早く自宅に帰ってもその分のお仕事は次の日に持ち越されますので「プレミアムフライデー」は、よほど会社の経営がうまくいっている企業しか実地できないプログラムであると言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典