スポンサーリンク

「著者」と「筆者」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「著者」と「筆者」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「著者」「筆者」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「著者」とは?

書物を書いた人のことです。

「著」には、書きあらわすという意味があり、「者」には、人、ものという意味があります。

このことからも、「著者」が指しているものがわかります。

書きあらわすとは、物事を図や文字にして、はっきりと示すことです。

書きあらわす方法は文字です。

ノンフィクション、フィクション、学術書、実用書などを書くことをいいます。

絵画や設計図のようなものではありません。

書店や図書館に行くとたくさんの書物があります。

その書物の表紙には、タイトルと人の名前が書いてあるはずです。

書物に書いてある名前は「著者」をあらわしています。

「著者」の使い方

文字にして書いた人のことを指して使用をします。

文字を使って書物を書いた人のことで、絵画や設計図などを書いた人のことではありません。

書物には、ノンフィクション、フィクション、学術書、実用書などさまざまなものがありますが、どのようなものであっても書物であれば、それを書いた人のことを指して使用することが可能です。

「筆者」とは?

何かをかく人のことです。

その何かとは、文章や図です。

文章といっても、日記のような個人的なもの、仕事の報告書、契約書、新聞の記事、雑誌の記事など、さまざまなものがあります。

「筆者」が書くものは、新聞・雑誌の記事や書物です。

ある主張を持って書く人のことをいいます。

「筆」という漢字には、文字や絵をかくという意味があります。

そのため、文字を書く人のことだけでなく、絵画をかく人のことを指す場合もあります。

「筆者」の使い方

文章を書く人のことを指して使用をします。

この文章とは、新聞・雑誌の記事、書物など、伝えたいことがあって書かれたものです。

日記や報告書などのことではありません。

絵画を書く人のことを指す場合もありますが、設計図を書く人のことを指しては使用しません。

「著者」と「筆者」の違い

かいてあらわすという点では意味は同じなのですが、何をかくのかという点に違いがあります。

前者の言葉が指す者が書いているのは書物です。

書物のジャンルは問わず、ノンフィクション、フィクション、実用書などを書いている人のことを指しています。

後者の言葉が指す者がかいているのは、文章や絵画です。

文章はある主張をもったものを書くことをいいます。

「著者」の例文

・『本を買おうと思ったけれど著者名がわからず、見つけられなかった』
・『ライトノベルを主に書いている著者』
・『時代小説を得意とする著者』
・『著者の写真をはじめて見た』

「筆者」の例文

・『筆者が個人的に思ったこと』
・『○○さんに筆者が話しを聞いた』
・『筆者が取材をする』
・『筆者が今日訪れたのは老舗洋菓子店です』

まとめ

2つの言葉は、かく人という点では意味が似ていますが、あらわす方法に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典