スポンサーリンク

「蔑む」と「貶める」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「蔑む」と「貶める」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「蔑む」「貶める」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「蔑む」とは?

「蔑む」は他人を見下す行為で、自分から他者を馬鹿にしたり見下す行為を指します。

逆に、他人から自分に対して馬鹿にされた場合は、蔑されると呼び、第3者から馬鹿にされたり無視されたとします。

「貶める」とは?

「貶める」は、他者を馬鹿にしたり、見下すことで、無視はしないです。

つまり態度で他者を馬鹿にしたり、相手の価値を落とそうと必死である状況が「貶める」です。

その為、「蔑む」という言葉と異なる点は、必死さが異なり、「蔑む」は対象を無視して相手にしないという方法を取りますが、「貶める」は相手の評価を下げることに必死であるため、手段を選ばないです。

「蔑む」と「貶める」の違い

「蔑む」「貶める」の違いは、相手を馬鹿にしたりする点において手段が異なります。

「蔑む」はシカトを決め込んで相手を無視するという手法で相手を軽蔑しますが、「貶める」は相手の評価を下げることまでを考えるが故相手の品位を下げることにかなり力を入れます。

つまり態度で示すのが、「貶める」です。

「蔑む」の例文

・『蔑むような笑い方だ』

この例は、第3者の笑い方が馬鹿にしているような笑い方だとした例です。

「蔑む」は、行為で他者を馬鹿にすることですが、品位までは下げようとしてないです。

つまり、暴言などを吐いてまで相手は自分よりも下であると言っていない分まだましな状況下であると言えます。

「貶める」の例文

・『何が何でもあいつを貶める必要がある』

この例は、暴言と取られてもよいので、あいつという人物の品位を下げる必要性があるという決意を表しています。

「貶める」は行動で示すことで、かつ、相手の品位や相手が格下であると分からせることに重点を置いています。

その為、相手を格下だと確定させるためには暴言を吐いたり、嫌がらせをしてどちらが立場が上だということを実際に行動して見せます。

時には、追い出すようなことをしてまで相手を追い詰めるのが「貶める」です。

まとめ

「蔑む」「貶める」の違いですが、「蔑む」はあくまで相手の人物を軽蔑することにあり、人格までを否定したり、相手の方が格下であると周囲に分からせることではないです。

ですが、「貶める」は別で、相手は格下であると周囲に認識させる分たちが悪いです。

「貶める」は、本来対象となる人物の枠が上昇しようとしている場合、その価値を落とそうとすることであるため、言ってしまうとどのような手段を用いても相手の地位を落とすことにあります。

ここが、単に軽蔑するだけの、「蔑む」と異なる点で、「貶める」は自分の品格が下がってもよいので相手を陥れようとすることであるため、恨みに近い性質を持っています。

「貶める」は一種の病気であるともいわれている点は、対象を陥れようとすることに対する執着の強さで、「貶める」側が満足するまで他者を収容に落とし込もうとする分たちが悪いのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典