スポンサーリンク

「蔑視」と「差別」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「蔑視」と「差別」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「蔑視」「差別」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「蔑視」とは?

「蔑視」とは、相手の人格、能力を劣った者、卑しい者として馬鹿にすること、見下すこと、そのような目で見ていることを意味しています。

簡単に言えば、相手を自分より下として決めつけて見ているといったことになりますが、必ずしもその見方が当たっているわけではありません。

実際は「蔑視」されている人の方が、「蔑視」している人より優れているといったこともあるのです。

「彼は、後輩を蔑視しているが、実は後輩の方が仕事ができると周りは思っている」「私は、あの会社では蔑視の対象としていじめられてきた」などと、使います。

「差別」とは?

「差別」とは、ある基準に基づき、差をつけて区別するという意味になります。

偏見、先入観をもとに、不平等な扱い、違いをつけるといったことになりますが、あってはならないことです。

「人種差別」「先生から差別を受けた」「差別待遇」などと、使います。

「蔑視」と「差別」の違い!

「蔑視」「差別」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つはセットで使われることも多い言葉です。

「蔑視」とは相手を見下し、馬鹿にした目で見るという意味です。

「差別」はある基準に基づき、差をつけて区別する、不平等な扱い、違いをつけるといった意味になります。

つまり「蔑視」は心の中で思い、「差別」は実際に行動に出るといったことになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「蔑視」「差別」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらも人間関係において起こることですが、あってはならないことでしょう。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典