「虚空を見つめる」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「虚空を見つめる」

虚空を見つめるという表現を聞いたことがあるでしょうか。

虚空とは何もない空間、大空を指しています。

あるいは仏教用語として何も妨げるものがなく、すべてのものが存在する場所としての空間という意味を持つ場合もありますし、事実に基づかない様子やとりとめがないことを指す表現として使われることもあります。

「虚空を見つめる」の意味

虚空を見つめるという表現は何もない空間や大空を見つめるという表現になり、「こくうをみつめる」と読みます。

「きょくう」ではありませんので気をつけましょう。

話をしている時など、虚空を見つめる仕草をする人に出会ったことがある人もいるのではないでしょうか。

あるいはぼんやりとしている時など、虚空を見つめる経験がある人もいるかもしれませんね。

人間は何を考えるわけでもなく、ぼんやりしている時などに何もない空間を見つめていることがあります。

「虚空を見つめる」の言葉の使い方

虚空を見つめるという表現は日常的に使われることが多いと言われています。

話をしながらどこか視点が定まらない場所を眺めていたり、ぼんやりしているときに中空を見つめていたりする人に対し、虚空を見つめるという表現を使います。

心理学的には特に意味は無いと言われています。

「虚空を見つめる」を使った例文・短文(解釈)

ここでは、虚空を見つめるという表現を使った例文をいくつか紹介します。

文脈で覚え、ぜひ日常生活で使えると良いですね。

「虚空を見つめる」の例文1

「うちの娘は、怒られると必ず虚空を見つめる」

怒られている時、何もない空間を眺めているということも珍しくありません。

怒っている親や先生を見つめ返せず、空中を見つめてしまうのです。

子供なりに反省している場合もありますし、子供なりに反発している場合もあります。

もちろん、怒っている顔にとっては子供が何もない空間を見つめていると「反省していないのではないか」と思ってしまいがちですが、特に怒られて怖いと思っている子供であれば、子供なりに精一杯の対応をしていると言えるでしょう。

「虚空を見つめる」の例文2

「彼女は話をしている時よく虚空を見つめる。何を考えているのか分からないのよね」

人によっては、話をしているときに虚空を見つめるという人もいるのではないでしょうか。

周りの人にしてみたら会話を楽しんでいるのかつまらないと思っているのかわからない、と感じることもあるかもしれません。

しかし、これは癖でもありますので、あまり深く考える必要はないでしょう。

本人は会話をとても楽しんでいるかもしれません。

「虚空を見つめる」の例文3

「英語のリスニングをしているときに、わからないとどうしても虚空を見つめてしまう」

最近はグローバル化が進んだこともあり、小学校から英語を勉強するようになりましたね。

その一方で、英語のリスニングはどうしても苦手などという人もいるのではないでしょうか。

そのような時、リスニングで英会話などを聴きながらつい虚空を見つめてしまうという人もいるかもしれませんね。

「虚空を見つめる」の例文4

「彼はヘッドホンを忘れてしまって音楽が聴けなかったため、ぼんやりと虚空を見つめていた」

通学や通勤途中に音楽を聴くという人は多いのではないでしょうか。

しかし、もしもヘッドホンやイヤホンを忘れてしまうと音楽が聞けないですよね。

そのため、何もすることがなく手持ち無沙汰になってしまうという人も多いかもしれません。

普段は音楽を聴きながら時間を潰せたとしても、音楽が聴けないとやることがなくなってしまうのです。

そのため、ぼんやりと虚空を見つめる人もいるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典