スポンサーリンク

「行動に現れる」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「行動に現れる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「行動に現れる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「行動に現れる」とは?意味

感情や性質などが行動に出ることです。

「行動」には2つの意味があります。

一つは、ある事柄を目的として、実際に何かをすることです。

たとえば、道端にゴミがたくさん落ちていて「汚いな、何とかしなければ」と思っていたとします。

思っているだけの時点では、「行動」は伴っていません。

実際にゴミを拾うなどをすれば、これは「行動」していることになります。

もう一つの意味は、心理学で外部から観察可能な人間や動物の反応です。

「行動に現れる」が意味する行動とは、1つめの意味です。

実際に何かをすることを意味しています。

「現れる」にも2つの意味があります。

一つは、今までなかったものが出ることです。

空一面に雲が広がっていたとします。

このとき、地上からは太陽を見ることができません。

そんなとき、雲に少しすき間が出て、太陽を見ることができたとします。

そのことを「太陽が雲間から現れる」といいます。

もう一つの意味は、人々に知られるようになるです。

隠れていたものが見えてくることをいいます。

「現れる」と読みは同じですが、「表れる」とすると隠れていたものが表面に出てくる、感情や考えなどが外から見てわかるようになるという意味になります。

「行動があらわれる」の場合は「表れる」の漢字を使用したときの意味があてはまります。

「行動に現れる」の概要

感情や考えを隠そうとしても、行動に出てしまうことがあります。

たとえば、誰かを好きになったときです。

好きな相手に、自分が好きであることを知られないようにする人は少なくないようです。

「好きだ」と実際に口に出すことはしません。

それでも、好きであることが行動に出てしまうことがあります。

たとえば、相手をちらちらと頻繁に見る、好きな人の前では恥ずかしそうにする、いつもよりもおしゃれをする、好きな人にだけ普段以上に優しくするなどです。

これらは、言葉で示しているのではなく、行動として出ているものになります。

言葉にはしていなくても、「好き」という感情が行動として出て、外から見てわかる状態になっているのです。

「行動に現れる」の言葉の使い方や使われ方

言葉は使わず、動作などに感情や考えなどが出ることを指して使用します。

外から見てわかるときに使う言葉です。

感情や考えなどを言葉に出さない人は、それを隠そうとしている場合があります。

そういったとき、周囲の人は、その人が考えていることなどがわかりません。

けれども、行動からわかることがあります。

そのときに使う言葉です。

「行動に現れる」の類語や言いかえ

「行動に出る」が似たような意味の言葉です。

出るには、隠れていたものが表にあらわれるという意味があります。

まとめ

感情などを言葉にしなくても、行動に出てしまうことがあります。

そのさまを意味している言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典