スポンサーリンク

「行間」と「行送り」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「行間」と「行送り」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

パソコンで資料を作っていると、思わぬ語句の違いに戸惑うこともあります。

この記事では、「行間」「行送り」の違いを分かりやすく説明していきます。

正確な意味をつかんで、仕事に役立てていきましょう。

スポンサーリンク

「行間」とは?

行間とは、文と文の間にある「何もない空間のこと」です。

ひとつの文章から、次の文章に進むまでの「縦の余白」にあたります。

このように文章と文章の間の、白のすき間が多いことを「行間が広い」といいます。

反対に文章と文章の間の、白のすき間が少ないことを「行間が狭い」といいます。

行間が広いと明るく、のびのびした文書に見えます。

そして行間が狭いと、コンパクトな文書に見えます。

読みやすさを考えたなら、適度に行間は空けておく方がおすすめです。

ワードで行間の調整をおこないたい場合は、変更したい文章をまず選択します。

次にホームから「行と段落の間隔」をえらびます。

次に「インデントと行間隔」から好みの行間を指定すれば、自由に行間が変えられます。

「行送り」とは?

行送りとは1行目の文章の上段と、2行目の文章の上段までの間隔のこと。

こちらもワードの専門用語です。

行送りは「文字を含めた縦の長さ」をあらわします。

そのため文字と余白のバランスを、自分好みに設定したいとき、行送りはとても役に立ちます。

行送りの間隔が狭いと、文字同士が繋がっているように見えます。

そして行送りの間隔が広くなると、文字同士の重なりが消えて、すっきりした印象になります。

ワードで行送りの調整をしたい場合は、変えたい文章をまず選びます。

ホームから「行と段落の間隔」を選び「行間のオプション」で行送りの変更をおこなっていきます。

仕上がりの状態を見ながら、少しずつ微調整をおこなっていくと失敗しにくいです。

「行間」と「行送り」の違い

どちらも間違えやすいPC言葉です。

「行間」「行送り」の違いを、分かりやすく解説します。

・文字も含まれる「行送り」
整った文書をつくる上で欠かせないのが「行間」「行送り」です。

「行間」はひとつの文とひとつの文の「空白」のこと。

何も書かれていない、空白行になります。

そして行送りとは、行間を含めたひとつの文の塊のこと。

ひとつの文を丸ごと含んだ、大きなグループになります。

そのため文字を含まない、空白を行間。

文字を含む、ひとつのまとまりを行送りと呼んでいます。

小さい方が行間。

行間よりも大きな単位が「行送り」です。

行間や行送りに気を配っていくと、見やすいワードの文書を簡単に作れるようになります。

PCのスキルを上げてくれる、小さな技です。

まとめ

「行間」「行送り」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも見やすいワード文書をつくる上で欠かせない言葉です。

行間とは文章と文章の間にある、何も書かれていない空白行のこと。

行間は狭い、広いであらわされます。

そして行送りは、行間をふくめた1つの文章のまとまりです。

「行間」「行送り」を意識すると、読みやすい資料を手軽につくれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典