スポンサーリンク

「要員計画」と「人員計画」の違いとは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「要員計画」と「人員計画」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

会社を大きくするためには、優れた人材が必要です。

この記事では、「要員計画」「人員計画」の違いを分かりやすく説明していきます。

デキる人事のポイントを、学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「要員計画」とは?

要員計画とは、この事業にどのくらいのスタッフが必要なのか、あらかじめ見積もること。

具体的な人数を計算することです。

人事部が採用前におこなう手法です。

要員計画をおこなうメリットは、事業に見あった正しい人数を把握できること。

適切なスタッフを送り込むことができるので、事業そのものが成功する可能性も高くなります。

限られた予算の中で効率よく採用活動がおこなえるので、会社としても高い利益につなげていけます。

要員計画を始めるときには、採用担当者が「社内のニーズを正しく把握すること」が大切になってきます。

役員などトップの意見はもちろん、すでに任務についている社員の声にも耳を傾ける必要があります。

目標とする売り上げを視野に入れながら、適正な人数を見極めていくのが「要員計画」の醍醐味です。

「人員計画」とは?

人員計画とは、具体的な人事を考えること。

この部署にはどのような人材が必要なのか、プランニングしていくことです。

こちらも人事部が人事異動の前に、おこなうやり方です。

人員計画のメリットは、適材適所の配置ができるということ。

各部署が求めている人材を見極めて送り届けることで、事業そのものが活気にあふれていきます。

歯車がきちんと回るようになるので、ビジネスが軌道にのっていきます。

人員計画をおこなう時には、各スタッフの能力や適性を見極めることも大切です。

その人がどんな作業が得意で、どんな作業に苦手意識を持っているのか。

ただしく理解することも求められてきます。

「要員計画」と「人員計画」の違い

どちらも人事部が覚えておきたい項目です。

「要員計画」「人員計画」の違いを、分かりやすく解説します。

・人数は「要因」、配置は「人員」

どちらも採用や異動時に、欠かせないステップです。

ただその中身は、大きく異なっています。

「要員計画」「要員」とは、必要なスタッフの数のこと。

つまり採用時に必要な「具体的な人数」のことです。

要員計画を立てると、新入社員を50人雇用すればいいのか、100人雇用すればいいのか現実が見えてきます。

また「人員計画」とは、各部署にどんな人を配属するのか、配置を考えることです。

新入社員の配属先を考えることもあれば、既存の社員の異動先を考えるときにも用いられます。

採用時の人数計算が要員計画。

異動時の配置換えが人員計画です。

まとめ

「要員計画」「人員計画」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも中身のある採用や人事計画を立てたい時に、必要なやり方です。

要員計画とは社内の意見を聞いて、採用すべき人数をはじき出すこと。

人員計画とは、社員のキャリアに見合った異動先を見極めることです。

どちらも会社が力強く成長していく上で、欠かせないステップになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典