スポンサーリンク

「要請」と「要望」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「要請」と「要望」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「要請」「要望」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「要請」とは?

なくてはならないものとして、強く願い求めることです。

感染症が流行しているときには、マスクの着用が求められることがあります。

店では「マスクをしてください」という張り紙がされていることもあります。

感染症にかかってしまうと、免疫力が低い場合には命が危険にさらされる可能性があります。

そうならないために、マスクの着用はなくてはならないものといえるかもしれません。

国から強く求められたりすれば、これはマスクの着用が「要請」されているといえます。

国が行うこと以外の事柄についても、この言葉は意味しています。

たとえば、会長への就任です。

ある人を会長にしたいと周囲の人たちが考えていたとします。

その人が会長になることで、組織にとって大きなメリットがあります。

メリットになるので、会長になることはなくてはならないものといえるかもしれません。

それを強く願い求めることを「要請」といいます。

この場合は「就任を要請する」といいます。

「要請」の使い方

必要なものとして強く願い求めるという意味で使用します。

必要ないものを求めることや、求め方が強くないことには使用しません。

「要望」とは?

物事が現実になることを強く希望することです。

希望には、そうなることをのぞむという意味があります。

「こうなるといいな」というもので、絶対そうでなければならない、絶対必要だというものではありません。

市民が公園を増やして欲しいと希望していたとします。

これは「市民の要望」ということができます。

公園はあると便利かもしれませんが、生活になくてはならないものではありません。

あったらいいなという望みです。

デリバリーサービスをしている企業に対して「配達エリアを拡大して欲しい」という望みが客から寄せられていたとします。

この「配達エリアを拡大して欲しい」というのが「要望」です。

「要望」の使い方

こうなるといいなと望むことについて使用をします。

「叶わなくてもいいか」という弱いものではなく、強く望むことに使用をする言葉です。

「要請」と「要望」の違い

どちらの言葉にも、もとめるという意味を持つ漢字である「要」が使用されている通り、「もとめる」という意味が含まれています。

しかし、何を求めるのかという点に違いがあります。

前者の言葉は、必要なものを強く求めることです。

後者の言葉は、実現を希望して求めることです。

「要請」の例文

・『国からの要請にこたえる』
・『イベントの中止が要請された』
・『各店舗への協力が要請されている』
・『医師に往診の要請があった』

「要望」の例文

・『さまざまな要望にこたえる』
・『要望にこたえたデザイン』
・『お客様の要望にこたえて誕生した商品です』
・『多くの要望がよせられた』

まとめ

どちらの言葉にも求めるという意味が含まれていますが、何を求めるのかという点に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典