スポンサーリンク

「見る」と「看る」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「見る」と「看る」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「見る」「看る」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

是非ともこの2つの違いや使い方を把握して、ご自分のスキルアップや日々の生活の中で役立ててみてください。

スポンサーリンク

「見る」とは?

最初に「見る」の意味をご説明致します。

「見る」の意味としては、目で対象となるものや人の存在を確認することや、視覚に入れて見ることを意味しております。

また、見物や見学、確かめるという意味や判断するという意味合いでも使われますので、非常に多くの使い道のある言葉という事を認識してください。

日常で使う用途が非常に多い言葉ですので、よく理解して把握されることをオススメします。

「看る」とは?

次は「看る」の意味を解説していきます。

「看る」の意味とは、対象となる人やものを注意深く見る時に使う言葉として、こちらの「看る」があります。

また、手を使って見ることや、対象となる物や人を見守ってみる意味合いとして使用されますので、参考にしてみてください。

「見る」と「看る」の違い

ここの項目にて「見る」「看る」の違いを解説します。

「見る」「看る」の違いについては、上で解説している意味を理解していただくことによって、違いが見えてくるのです。

もちろんですが、使い方まで分かることでしょう。

違いとしては、「見る」というのは、目で見るという意味や見学の意味があります。

その他にも使うことが多いと理解しておいてください。

「看る」というのは、見守るという意味合いや、注意深く対象となる物や人を見るという意味があります。

この違いをよく理解して、ベストに使いこなしてみてください。

「見る」と「看る」の使い方の違い

ここの項目にて「見る」「看る」の使い方の違いを説明します。

前者の「見る」を使う場合は、「実際に見ると分かることが非常に多くあります」という使い方が理解しやすいでしょう。

そして、「看る」を使う場合としては、「看護師さんが祖母を看ると言ってくれたので、用足しに30分ほど不在にした」という使い方が場面まで想像ができる使い方になります。

是非とも使い方を、把握しておいてください。

「見る」を使った例文

ここでは「見る」を使った例文を書いていきます。

・『上司は書類を見ると言っていた』
・『ノートに書いてある内容を見る』
・『見ることで学べた』
・『今日はコンサートを見る日だ』
・『戦隊ものキャラクターを見ると言っていた』
以上が「見る」を使った例文ですので、参考にしてご自分でアレンジ等して使ってみてください。

「看る」を使った例文

次は「看る」を使った例文を書いていきます。

・『認知症の老人を看るのは大変だと言っていた』
・『看守は囚人を注意深く看るようだ』
・『看護師でも重病人を看るのは大変だろう』
・『眠る赤ん坊を優しい顔で看る』
・『介護で老人の面倒を看るのは勘弁願いたい』
以上が「看る」を使った例文になりますので、参考にしてみてください。

「まとめ」

まとめとしては、「見る」というのは基本的に目で見ることや、見物や見学等の意味があり、使い用途が多いと認識してください。

そして、「看る」というのは、注意深く対象の物や人を見る時や、見守る際や看護等に使いますので把握しておいてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典