「見捨てる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「見捨てる」の意味

「見捨てる」というのは「捨てて顧みない」という意味です。

「見ていながらそのままにしておく」という意味もありますし、「世話をしたり関係を保ったりするのをやめる」「見限る」という意味もあります。

例えば、怪我人がいたのにその人に手を貸さず、通り過ぎてしまった場合、それは「怪我人を見捨てた」ということになります。

借金を繰り返し、「身内から見捨てられる」ということもあるかもしれません。

「見捨てる」の読み方

「見捨てる」の読み方は、「みすてる」になります。

日常的にも使える表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。

「見捨てる」の表現の使い方

「見捨てる」の表現の使い方を紹介します。

どこかを歩いていて誰かが転んでしまった時、ぜひ手を貸したいですよね。

しかし声をかけることなく通り過ぎてしまった場合、その人を「見捨てた」ということになります。

母親に恋人ができ、子供を置いて出て行ってしまったということがあれば、それは子供を「見捨てた」と言えるでしょう。

「見捨てる」を使った例文と意味を解釈

「見捨てる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「見捨てる」を使った例文1

「彼女は患者を見捨てたと言われています」 病院に来た患者さんはしっかりと治療したいものです。

現代社会ではまずありえないことですが、病院に来た患者さんにしっかりとした治療を受けさせず、放っておくなどということがあれば、それは「見捨てている」ということになります。

ナイチンゲールが看護師になった頃、看護師の仕事は今ほどしっかりしたものではありませんでした。

病院に運ばれた患者さん達は基本的に「見捨てられた」状態で、命を落とすものも多かったと言われています。

「見捨てる」を使った例文2

「あいつは仕事もせず、借金ばかりして親からも見捨てられたらしい」

仕事も勉強もせず、借金ばかり繰り返して周りに迷惑をかけていれば、家族からも「見捨てられる」可能性があります。

お互いに支えあって生きていかなければいけないのに、支えられてばかりで相手を支える気がない、という姿勢はいただけませんね。

自分も誰かの役に立てるように、しっかりしなければいけないこともあります。

「見捨てる」の類語や類義語

「見捨てる」の類語や類義語を紹介します。

「見限る」【みかぎる】

「見限る」というのは「見込みがないとしてあきらめる」という意味です。

「医者にも見限られてしまいました」のように使われます。

「裏切る」【うらぎる】

「裏切る」というのは「味方に背いて敵方につく」「約束や期待などに反する」という意味になります。

「友達を裏切ってはいけない」などと使われますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典