スポンサーリンク

「見直す」と「見つめ直す」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「見直す」と「見つめ直す」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「見直す」「見つめ直す」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「見直す」とは?

「見直す」というのは何かの仕組みなどに問題があった時にそれを元から変えてしまう事も含めて改める事を検討するという意味になります。

なので、何かに問題があった時にどれだけ変えてしまうかは定まってないですが、問題点が改善されるように変えていこうとする事です。

少しでも良くする姿勢があればそれは「見直す」という事になります。

「見つめ直す」とは?

「見つめ直す」というのは自分自身に対して使う言葉で、それまで自分がやってきたことに対して反省する事を意味します。

それまでは特に過去の行いについて振り返る事もなく過ごしてきたけれども、今後のために自分のこれまでの行いを振り返って改めるべきは改めるというのが「見つめ直す」というものです。

「見直す」と「見つめ直す」の違い

「見直す」というのはそれまであったものをもっと良くするために変えようとする行為ですが、「見つめ直す」というのはそれまでの自分の行動を振り返って良い方向に変えていければ良いという姿勢を意味する言葉です。

なので「見直す」は具体的に何かを良くするために行動を起こす事ですが、「見つめ直す」は自分の行動が間違ってなかったかを振り返るというものなので、実際に自分の行動を改めない事もあります。

まとめ

「見直す」「見つめ直す」もより良い状態にする目的があるという点で共通していますが、「見直す」の場合は問題があった時に問題を解決するために問題点の改善を図る事ですが、「見つめ直す」は自分の行動に問題がなかったかを改めて検証するという意味で問題があったかをこれから発見しようとするもので、その意味はかなり違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典