スポンサーリンク

「見積もり金額」と「請求金額」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「見積もり金額」と「請求金額」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「見積もり金額」「請求金額」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「見積もり金額」とは?

「見積もり金額」とは、おおよその検討をつけた金額のことです。

たとえば、水漏れ修理の依頼をしたとします。

水漏れの情況を確認すれば、どこが悪いのか、どういった修理が必要なのかある程度判断できます。

修理費用は作用内容によって決まるので、どういった作業が必要なのかわかれば、おおよその金額を出すことができます。

おおよそとは、だいたいを意味します。

これが「見積もり金額」です。

しかし、「おおよそ」なので実際に修理をしてみて、他にも修理が必要な箇所が見つかれば、「見積もり金額」に上乗せさせることもあります。

「請求金額」とは?

「請求金額」とは、支払いを求められている金額のことです。

クレジットカードを利用すると、「この額を支払ってください」という書類が届いたり、支払わなければならない金額をインターネットから確認したりすることができます。

これらは、実際に支払う必要がある金額です。

これを「請求金額」といいます。

「見積もり金額」と「請求金額」の違い

「見積もり金額」は、まだ金額の支払いを求められていない状態です。

おおよその金額を示したものが「見積もり金額」です。

「請求金額」は、支払いが求められている金額です。

まとめ

支払いを求められているのか、まだ求められていないのかという点が「見積もり金額」「請求金額」では大きく異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典