スポンサーリンク

「覚悟」と「決意」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「覚悟」と「決意」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「覚悟」「決意」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「覚悟」とは?

「覚悟」には、困難なこと、危険なことなど、何かの事に当たる前に困難なことを予測していて、それを受け止めて心に決めることという意味があります。

「苦労は覚悟のうえだ」といった使われ方がしますが、この場合、苦労をすることを予測していて、それを受け止めているという意味が含まれています。

他に、これからくるであろうつらい事態を避けられないものとして、あきらめることも意味します。

「決意」とは?

「決意」には、強く心に決めることという意味があります。

他人が決めるのではなく、自分の意志で強く決める場合を「決意」といいます。

生きているとさまざまなことを決めていかなければなりませんが、「決意」はその人の人生にかかわるような事柄に関して使われることが多くあります。

たとえば、欲しいものがあってそれを買おうと心に決めることは、その人の人生にかかわるようなことではないことが多いため、「決意」という言葉は使わずに、「決心」「決める」などの言葉が使われます。

「覚悟」と「決意」の違い

「覚悟」はこれからくるであろう困難を予測して、それを受け止めて決めることです。

「決意」は強く心に決めることです。

「覚悟」と違って、これからくるであろう困難を予測しているかは関係ありません。

まとめ

どちらも決めることに関係する言葉ですが、「覚悟」はあらかじめ困難を予測している事柄に関して、「決意」は人生にかかわるような事柄に関して使われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典