スポンサーリンク

「親分肌」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「親分肌」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「親分肌」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「親分肌」とは?意味

「親分肌」とは、自ら進んで、人の面倒を見ることが多く、包容力があり、人から頼りにされるような気性のことを言います。

「親分肌」の概要

「親分肌」「親分」とは、仮の親、あるいは親として、全てを任せる人という意味があります。

また、「親分」の反対の意味を持つ言葉は、「子分」です。

一方、「親分肌」「肌」には、皮膚の意味の他にも、「学者肌」などのように、相手から受ける全体の感じや、印象などの意味合いもあります。

「親分肌」は、その人から受ける印象や、気性などの意味を持っています。

「親分肌」の言葉の使い方や使われ方

「親分肌」を使った例文をいくつかご紹介します。

『親分肌の彼のところには、彼を慕ってやってくる人が絶えない』、『大変な状況でしたが、このような困難を乗り越えられたのは、やはり親分肌の彼らしい行動があったからだと思います』、『親分肌の彼は、チームの後輩の面倒をよく見ています。

「親分肌」の類語や言いかえ

「親分肌」と似た意味を持つ言葉としては、「姉御肌」「きおい肌」、または「勇み肌」などが挙げられます。

まとめ

「親分肌」タイプの人は、言い換えればリーダーシップが取れる人だとも言えるでしょう。

「親分」と言うと、昔気質の職人の世界のように感じます。

人にはそれぞれ違った気性があり、「親分肌」の人もいれば、補佐的な役割の方が向いていると言う人もいます。

「親分」がいれば、「子分」的な役割の人もいるでしょう。

その組織や仲間などによっても役割が変わってきます。

他にも、誰かと共に行動するのが苦手で、一人でいる方が良いと言う人もいます。

「親分肌」タイプの人は、経営者にも向いていると言えるでしょう。

個人経営で、一人だけで何らかの事業をやっている場合は別ですが、誰かと協力したり、従業員を抱えている場合などは、やはりこのリーダーシップとも言える「親分肌」が必要となってきます。

仕事のやり方は千差万別で、どれが一概に良いとは言えません。

なので、どんな仕事をするかということに加えて、自分はどのような働き方が向いているのかを知ることが重要です。

「親分肌」の人は「子分」的な役割での仕事は向いていないでしょうし、最初はそのような仕事だったとしても、いずれ何らかのグループのリーダーや、経営者に自然となっていくでしょう。

今は働き方改革などがあり、以前に比べると、かなり働き方も自由になってきました。

そのおかげで、以前よりも自分らしい働き方を選択しやすくなってきています。

働き方を相手に合わせるだけではなく、まずは自分の気性を知り、それに合った働き方を選択していくことは、職業人生を成功させていく大きな要因となっていくでしょう。

ですが、最初から、それが分かる人ばかりではありません。

実際に仕事に就いてみないと、見えてこない部分もたくさんあります。

なので、仕事という貴重な経験を積みながら、本当の意味での自分らしい働き方を見つけていきたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典