スポンサーリンク

「親切」と「お節介」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「親切」と「お節介」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「親切」「お節介」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「親切」とは?

「親切」の意味と使い方について紹介します。

「親切」の意味

「親切」「しんせつ」と読みます。

意味は「相手の身になり、人がして欲しいと思っていることをすること」「思いやりの気持ちから、無償で人の為になることをすること」です。

「親切」の使い方

「親切」には以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「相手の身になって考え、人がして欲しいと思っていることをする」という意味で、「困った時に親切にして貰った」などと言います。

人がして欲しいと思うことを察して、必要最低限にとどめる様に自分から行動することを表します。

2つ目は「思いやりの気持ちから、無償で人の為になることをする」という意味で、「親切な人に席を譲ってもらった」などと言います。

こちらは見返りを求めず、見ず知らずの人に対しても為になろうと行動することを表します。

上記に共通するのは「相手に寄り添う気持ちから良い行動をする」という点です。

「お節介」とは?

「お節介」の意味と使い方について紹介します。

「お節介」の意味

「お節介」「おせっかい」と読みます。

意味は「相手にとって返って邪魔や迷惑になる様な余計な世話焼きをすること」です。

「お節介」の使い方

「お節介」は、相手にとって返って邪魔や迷惑になる様な、余計なお世話を焼くことを言います。

相手がそうして欲しいと思わないのに勝手に口を出したり手を出したり、やって欲しい限度を越えて全てやってしまったりします。

また、自分がやったことを相手に恩着せがましく言ったり、中には見返りを求めてくることもあります。

「お節介」は相手に対して好意を持っている為にする行為ですが、相手にとっては望まない行為です。

「親切」と「お節介」の違い!

「親切」「相手の身になり、人がして欲しいと思っていることをすること」「思いやりの気持ちから、無償で人の為になることをすること」です。

「お節介」「手にとって返って邪魔や迷惑になる様な余計な世話焼きをすること」です。

まとめ

今回は「親切」「お節介」の違いをお伝えしました。

「親切は相手がして欲しいことをする」「お節介は相手にとって迷惑なことをする」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典