「角煮」と「チャーシュー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「角煮」と「チャーシュー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「角煮」「チャーシュー」の違いを分かりやすく説明していきます。

「角煮」とは?

「角煮」とは、食材を「角切り」にして煮た料理のことを言います。

一般的には、豚肉を甘辛く煮たものを言うことが多いでしょう。

作り方は、豚のバラ肉を下茹でして、カットします。

醤油、砂糖、酒、みりんといった好みの調味料で柔らかく煮ます。

「チャーシュー」とは?

「チャーシュー」とは、日本語では「焼豚(やきぶた)」とも言いますが、調理法はいくつかあります。

本場、中国の場合は皮つきの豚バラ肉に、塩、香辛料などを塗り、茶色に焼き上げるといった方法なのに対して、日本の場合は、専用の炉がない為に、焼いて作るのではなく煮て作る方法が一般的となります。

直火焼きにする、フライパンを使って焼くという方法で作ることもあります。

「チャーシュー」は家庭料理ではおかず、酒のつまみとして食べたり、細かく切ってチャーハンの具にすることもあります。

ラーメン店の場合は、薄く切ってラーメンの上のトッピングとすることが多く、欠かせない具と言っても過言ではないでしょう。

「角煮」と「チャーシュー」の違い!

「角煮」「チャーシュー」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも「豚肉」を使った料理という共通点がありますが、調理法に違いがありますので混同しないように気をつけてください。

「角煮」とは、下茹での後、味付けをして柔らかく「煮る」といった作り方になります。

使う調味料は、各家庭、地方などによって違いはありますが、「甘辛い」味になります。

一方の「チャーシュー」とは、豚肉に塩、香辛料などを塗って、炉で「焼く」という作り方になります。

日本においては、「チャーシュー」の炉がないということで、直火で焼く、フライパンで焼くといった方法、「煮る」といった方法で作ることが多いのですが、もともとは「焼く」というのが本来の調理方法です。

まとめますと「角煮とは豚肉を甘辛く煮込む」「チャーシューとは豚肉に味をつけて焼く」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「角煮」「チャーシュー」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの調理法を簡単に覚えておけば、区別は簡単です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典