スポンサーリンク

「解釈」と「判断」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「解釈」と「判断」の違い意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「解釈」「判断」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

早速「解釈」の意味から取り上げます。

スポンサーリンク

「解釈」とは?

最初に「解釈」の意味をご説明致します。

「解釈」(かいしゃく)とは、人から発せられる言葉や、書籍などの文章の内容や意味を、自分なりに分析して理解することです。

または、明確にすることを指しております。

「判断」とは?

次に「判断」の意味を解説していきます。

「判断」(はんだん)の場合は、対象とされる物事や、実際に行われていることに対して、過程や結果などがどのようになるかを考えて、決めることです。

「解釈」と「判断」の違いとは?

ここでは「解釈」「判断」の違いを取り上げてみましょう。

「解釈」の場合は、書籍の文章や人が発した言葉の内容や意味を、自分なりに考えて理解したり、明らかにすることです。

「判断」とは、行われていることや、これから行われようとしている物事に対して、その過程や結果が適切なのかどうかを考え、決定することになります。

前者の場合は、理解をすることです。

後者の方は、自分の考えを決定することを指しております。

「解釈」と「判断」の使い方の違い

この項目においては、「解釈」「判断」の使い方の違いを説明します。

「解釈」を使う場合は、相手の言動や、本にある文書などを自分なりに考えて、理解した際に使われます。

「判断」を使うときは、対象の物事やこれから行われる物事に対し、方法や過程、結果などが、どうなるのか見極めたうえで、決めたときに使うものです。

前者の使い方
「戦記本の内容を、解釈するために努力している」
「彼女の好意と解釈ができました」
後者の使い方
「判断力が悪い人は、決して良い結果を得ることはできないだろう」
「判断ができないときもあるだろう」

「解釈」を使った例文

ここでは「解釈」を使った例文を書いていきます。

・『人によって解釈が違うときもあります』
・『歌詞を解釈できました』
・『先生の言葉を解釈するには、時間がかかりました』
・『解釈が違う場合は、誤解を生みやすいだろう』
・『本の内容を解釈しました』

「判断」を使った例文

最後の項目においては、「判断」を使った例文を書きます。

・『状況判断がなっていないと上官から、怒られてしまった』
・『彼は判断力がいいので、頼りになる』
・『上司の判断に委ねるしかないのです』
・『判断するには、両者の言い分を聞かないことには、判断できないだろう』
・『判断を誤ったせいで、ミッドウェー海戦は惨敗だったのだ』

まとめ

まとめとして「解釈」とは、書籍の文章や人の発した言葉を、自分なりに考えて理解することです。

または、明確にするときにも使われます。

そして「判断」の方は、起きている事柄やこれから起きようとしている事柄が、どのような方法、過程、結果になるのかなどを先ずは見極めます。

その後、自分の考えをはっきりと決めることです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典