スポンサーリンク

「解雇」と「退職」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「解雇」と「退職」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どちらも仕事をやめることですが、「解雇」「退職」の違いを知っていますか。

この記事では、「解雇」「退職」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「解雇」とは?

「解雇」は、使用者側が雇用者との契約を解除することを意味します。

首にするともいいます。

「くび」「首切り」も同じ意味ですが、テレビや新聞などでは「解雇」が使用され、「くび」「首切り」は一般的な民間人が使用する言葉です。

「お払い箱」「解雇」と同じ意味を持っています。

しかし、「解雇」は人にだけ使われますが、「お払い箱」は物にも使われます。

正当な「解雇」理由には、セクハラ、パワハラ、頻繁な欠勤、機密情報の漏えいなどがあります。

「退職」とは?

「退職」は、勤めている職を辞めることを意味します。

自ら職から退くことです。

似た意味を持つ言葉に「退任」があります。

「退任」は任務から退くことですが、「退職」は職務から退くことです。

「退職」の理由には、定年を迎えた、給与や福利厚生がよくない、職場の人間関係がよくないなどがあります。

「解雇」と「退職」の違い

「解雇」は使用者側が雇用者の契約を解除することです。

「退職」は職をやめることです。

使用者側から言い渡されてやめるのではなく、自ら「退職」を申し出てやめたり、定年を迎えてやめたりします。

まとめ

「解雇」は使用者側から働きかけるもの、「退職」は雇用されている側が申し出るものという点が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典