「言う」と「云う」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「言う」と「云う」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「言う」「云う」の違いを分かりやすく説明していきます。

「言う」とは?

この記事では、「言う」「云う」の違いを分かりやすく説明していきます。

「言う」とは?

「言う」の意味と使い方について紹介します。

「言う」の意味

「言う」「いう」と読みます。

意味は「自分の気持ちや、考え・判断などを相手に伝えるために、言葉に出したり、文章に表したりすること」「同格であること」「話題として取り上げる意味」「その様になっていることを他からの情報により伝える意味」など、数多くあります。

「言う」の使い方

「言う」には実に多くの意味がありますが、基本となるのは「自分の気持ちや主張を伝える為に、言葉や文章で表すこと」です。

単語や文を声に出して発して事実を伝える時に使います。

本来の意味とは離れて、「世間一般ではその様になっている」という引用の意味で使われることもあります。

「言」という漢字は、刃物と口を表す象形文字で「悪事を働け罰を受けることを誓う」という意味から来ています。

そこから「誓う」「言葉で述べる」という意味として使われる様になりました。

「云う」とは?

「云う」の意味と使い方について紹介します。

「云う」の意味

「云う」「いう」と読みます。

「人から聞いたことを伝える」という意味です。

「云う」の使い方

「云う」は、人から聞いたことを他人に伝えることを言います。

ある地域に伝わっている習慣や言い伝えなどを人に教える時の表現で、古語として「云ふ」と表記されることが多くなります。

例えば「昔からこの場所には妖怪がでると云う」「ご先祖様は偉い武将だったと云う」など、本当のところは定かではないけれども、人から人へとその様に伝わっていることを話す時に使われます。

「言う」と「云う」の違い!

「言う」「自分の主張を口に出して話す時に使う言葉」です。

「云う」「人から聞いたことを述べるときに使う言葉」です。

まとめ

今回は「言う」「云う」の違いをお伝えしました。

「言うは自分の考え」「云うは他人から聞いたこと」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典