スポンサーリンク

「言動」と「振る舞い」の違いとは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「言動」と「振る舞い」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「言動」「振る舞い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「言動」とは?

「言動」「げんどう」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「人前で言ったり、したりすること」という意味で、他の人がいるところで、話したりやったりすることを言います。

2つ目は「普段言っていることと、していること」という意味で、人が普段から話していることと、やっていることを比較した言葉です。

上記に共通するのは「言葉と行動」という意味です。

「言」「いう」とも読み「言葉」という意味、「動」「うごく」とも読み「身振り」という意味、「言動」「言葉と身振り」になります。

「言動」の使い方

「言動」「人前で言ったり、したりすること」「普段言っていることと、していること」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴い「言動をする・した」「言動を慎む・慎んだ」「差別的言動」などと使われます。

基本的に、その人が言うこととすることに対して使われる言葉です。

「振る舞い」とは?

「振る舞い」「ふるまい」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「人の態度や行い」という意味で、普段その人がその様な態度を取っているかということを言います。

2つ目は「人にごちそうすること」という意味で、人に対して食事を提供したりしてもてなすことを言います。

3つ目は「特定条件における物の動き」という意味で、ある条件でものにどの様な変化が起きるかということを言います。

上記に共通するのは「動く」という意味です。

「振る」「音楽などに合わせて軽やかに動く」という意味、「舞う」「くるくる回る」という意味、「振る舞う」で、「軽やかにくるくる回ること」から転じて、「色々な行動をすること」という意味で使われる様になりました。

「振る舞い」の使い方

「振る舞い」「人の態度や行い」「人にごちそうすること」「特定条件における物の動き」という意味で使われます。

名詞として「振る舞いが良い・悪い」「振る舞いが美しい・美しくない」などと使われます。

基本的に、他人の前でその人が見せる態度や、人をもてなすことに使われる言葉です。

「言動」と「振る舞い」の違い

「言動」「その人が言うこととすること」という意味です。

「振る舞い」「他人の前でその人が見せる態度」「人をもてなすこと」という意味です。

「言動」の例文

・『彼の言動はいまいち信用できない』
・『社内での軽率な言動は慎んでほしい』
・『彼の言動は影響力が大きいので注目されている』
・『子供の言動は意味不明なことが多い』

「振る舞い」の例文

・『パーティーでの彼女の振る舞いは立派だった』
・『私はどうしても人前ではおどけて振る舞ってしまう』
・『師匠は立ち居振る舞いに品がある』
・『彼はギャンブルで大当たりをしたので、友人に大判振る舞いをした』

まとめ

今回は「言動」「振る舞い」について紹介しました。

「言動」「言うこと・すること」「振る舞い」「態度・おもてなし」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典