スポンサーリンク

「計画表」と「予定表」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「計画表」と「予定表」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「計画表」「予定表」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「計画表」とは?

「計画表」「計画」とは、ある仕事や事業等を行うために、あらかじめ具体的な期間・予算・手順・方法などを考えておくことを意味します。

すなわち、これから先で実現したい目標について、意識的・意図的にやり方や予算などを考えて目論むことを指すのです。

従って「計画表」はそれを見やすい日程表等に落とし込んだものを指す言葉と言えます。

例えば、『大規模なプロジェクトの計画表を作成する』や『大学受験合格を目指して1年間の学習計画表を立てた』のように使います。

「予定表」とは?

「予定表」における「予定」とは、将来において行う事柄の日時・内容・相手などについて、事前に決めておくことや、前もって定めた事項を意味する言葉です。

従って「予定表」はそれを日程表に落とし込んだものを指すものです。

『3月5日に彼女とのデートの約束をしたので、予定表に書き込んでおいた』や『来週は予定表を見ると空いた日がないので、お伺いする事は無理です』のように使います。

「計画表」と「予定表」の違い

「計画表」「予定表」は似ていますが、違った意味を持つ言葉です。

「計画表」は、ある仕事や事業等を行うために、あらかじめ具体的な期間・予算・手順・方法などを考えて、それを見やすい表(日程表を含む)に落とし込んだものであるのに対し、「予定表」は将来において行う事柄の日時・内容・相手などについて、事前に決めた内容を日程表等に落とし込んだものを指すものです。

一見よく似たように思いますが、「計画表」は将来において何かを実現したいという意思や意図を込めて作成されるものですが、「予定表」には、そうした意味合いはなく、単に忘備録的な内容である点が大きな違いなのです。

この点を十分に理解していないと、ビジネス等では恥をかく事もあります。

営業職の社員が、上司から今年の「業務計画表」を提出して欲しいと言われて、単に「出張予定」「月次の販売予定」的なものを提出している様では話になりません。

上司が求めているのは、目標販売を達成するために、既存ユーザーへのシェアーアップをいかに行うのか、新規ユーザー開拓をいかに行うのかの具体策が見える形で表にまとめる事を求めているのです。

まとめ

「計画表」は、ある仕事や事業等を行うために、あらかじめ具体的な期間・予算・手順・方法などを考えて、それを見やすい表(日程表を含む)に落とし込んだものであるのに対し、「予定表」は将来において行う事柄の日時・内容・相手などについて、事前に決めた内容を日程表等に落とし込んだものを指すものです。

2つの言葉は似ていますが、「計画表」は将来において何かを実現したいという意思や意図を込めて作成されるものですが、「予定表」には、そうした意味合いはなく、単に忘備録的な内容である点が大きな違いなのです。

特に「計画表」はビジネスでは重要となる事が多く、様々な手法やテンプレートが開発されているほどです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典