スポンサーリンク

「設計」と「実装」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「設計」と「実装」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「設計」「実装」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「設計」とは?

「設計」は建築や工業製品等の製品を具現化するために、企画した機能を実現するために、検討する行為を指す言葉です。

その成果物としては、仕様書や設計図や設計書や、場合にっては試作品や模型等の場合もあります。

建築物における「設計」には、デザイン的なものや構造・強度面から使用材料の指定まで含まれます。

また工業製品においては、機構や電気・電子回路と言ったハード面もあれば、ソフト設計も含まれます。

さらに化学製品においては、材料の配合比率や製造プロセス面等も「設計」に含まれ、それぞれ専門の技術者・設計者によって行われます。

「実装」とは?

「実装」とは装置などを構成する部品を、実際に取り付けること。

またコンピューターのハードウエアやソフトウエアに新たな機能を組み込むことを指す言葉です。

「設計」と「実装」の違い

「設計」は建築や工業製品等の製品を具現化するために、企画した機能を実現するために、検討する行為を指す言葉です。

一方の「実装」は、装置などを構成する部品を、実際に取り付けること。

またコンピューターのハードウエアやソフトウエアに新たな機能を組み込むことを指す言葉です。

従って、「設計」「実装」は全く違う言葉です。

しかし装置などを構成する部品を、実際に取り付ける「実装」は大量生産においては「設計」のアウトプットの図面に基づいて行われます。

趣味等で何か一つだけ造る場合の「実装」では設計図面など無いと言う事もあるでしょうが、この場合でも経験をベースにして、図面化はしていなくても、頭の中で「設計」行為を行っているはずなのです。

「設計」「実装」の関係性をスマートフォンの設計と生産を例に説明したいと思います。

スマートフォンは、バッテリー回路・高周波回路・ベースバンド回路に区分して電子回路の「設計」が企画した機能を実現するために「机上設計」をベースにして、実際にカット&トライの実験を行って行われます。

こうした電子回路はプリント基板に半導体や一般部品を「実装」して構成されます。

また半導体には別途「システム設計」されたソフトが、プログラムに落とし込んでソフト組み込みが行われます。

そしてこの部品が「実装」された基板は液晶画面や「機構設計」を基に作られたハウジングのケース等に組み込まれ、スマホの完成品となるのです。

この例では、各種電子回路設計・機構設計・ソフト設計に基づいて、電子部品や機構部品を実際に「実装」する等により大量生産されているのです。

まとめ

「設計」は建築や工業製品等の製品を具現化するために、企画した機能を実現するために、検討する行為を指す言葉で、一方の「実装」は、装置などを構成する部品を、実際に取り付けることを指す言葉で、全く違った意味の言葉です。

しかし建築物や工業製品は、「設計」のアウトップとである図面に基づいて、部品等を「実装」・組み立てる事で生産されていると言う関係性があるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典