スポンサーリンク

「詳細を詰める」と「内容を詰める」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「詳細を詰める」と「内容を詰める」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「詳細を詰める」「内容を詰める」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「詳細を詰める」とは?

「詳細を詰める」は、内容を記載したものに、後からなんで?という疑問を持たれないよう詳細に事を記して詰め込むことです。

要は、「詳細を詰める」は、書類を作成した際、内容を記載しますが、その時、なぜそういう結論に至るかという疑問に思う部分を詰め込めないと後からなんで?と言われた際、返答しなければならず、相手側が疑問を多く持てば印象が悪くなりますので、「詳細を詰め込む」のです。

「内容を詰める」とは?

「内容を詰める」は、段取りを説明することになります。

例えば、自動車の製造計画表であれば、部品の製造はどこにお任せする、部品の組み立てはどこで行うかなどの内容を詰め込むことを「内容を詰める」と呼びます。

ただ、あくまで何をするかのみに中略するため、なんで?という疑問を持たれるとその説明は難しくなることも多いのが「内容を詰める」です。

「詳細を詰める」と「内容を詰める」の違い

「詳細を詰める」「内容を詰める」の違いは、なんで?という疑問を持たれないよう詳細を記載していくか、ただ単に行動計画表を作り上げるだけかです。

「内容を詰める」は単なる行動計画表で、行ってしまえば、こうすればここはこうなるという説明に過ぎず、なんで?と疑問を持たれると詳細がないが故説明不足です。

その説明不足を補うことが「詳細を詰める」になります。

「詳細を詰める」の例文

・『自動車製造資料の詳細を詰める』
この例は、自動車製造においてなんで?と思える疑問や詳しい情報を記載し詰め込むことを指します。

「詳細を詰める」は、疑問を解消するのが目的であるため、まずは疑問を解決することを優先したうえで詳しい情報を記載するのです。

「内容を詰める」の例文

・『自動車製造における内容を詰める』
この例は、自動車の製造に関してどうすればどうなるかという行動計画表を詰めることを指します。

ただ、「内容を詰める」はあくまでどうすればどうなるかだけを記載しますので、なんでそこじゃないといけないの?などの疑問を持たれた場合、疑問の払しょくの資料がないが故、疑問を投げた相手側はその疑問に対して返答を待ちます。

まとめ

「詳細を詰める」「内容を詰める」の違いは、詳しい情報を記載して疑問を払しょくさせるか、単にこうすればこうなるという行動計画を詰めるかです。

「内容を詰める」は行動計画ですので結果を記しますがおおよそ結果を記しても相手側は資料を見て疑問を持つことがあります。

そうした場合、「詳細を詰める」と疑問を解消する糸口になるため、内容を詰めつつ詳細も詰めるのがビジネスにおいては鉄則で、内容が無ければ、疑問を持たれ、詳細が無ければ、内容の把握が難しくなるという問題があり、「詳細を詰める」と、「内容を詰める」の両者はそろうことで意味を成します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典