スポンサーリンク

「誤字」と「誤爆」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「誤字」と「誤爆」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「誤字」「誤爆」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「誤字」とは?

最初に「誤字」(ごじ)の意味をご説明致します。

「誤字」とは、正しい使われ方をしていない漢字を指しているのが基本です。

書籍などに誤った漢字の用いられ方などがしている際に、使われる言葉となります。

「誤爆」とは?

次は「誤爆」(ばばく)の意味を解説していきます。

「誤爆」の場合、戦争などにおいて目標としている場所に爆撃したときや、爆弾などを仕掛けて爆破などを起こしてしまったときに使います。

また、爆薬などの危険物などの取り扱いに不備などがあり、誤って爆発を引き起こすときにも用いられる言葉です。

「誤字」と「誤爆」の違いとは?

続きまして「誤字」「誤爆」の違いを取り上げてみましょう。

「誤字」とは、書籍や記事などで漢字が、正しい使われ方をしていないことを指しております。

「誤爆」の方は、爆撃機などが空襲の際に、目標とは違う場所などを爆撃してしまうこと、または爆破することです。

尚、危険物の取り扱いについて不明な部分などがあり、誤って爆発させてしまうことも表しています。

「誤字」と「誤爆」の使い方の違い

この項目においては、「誤字」「誤爆」の使い方の違いを説明します。

「誤字」を使うときは、例えばですが、読んでいる書物などに誤った漢字の使われ方などを発見した際に、使うことが一般的です。

「誤爆」を使う場合は、空襲をしたときに別目標などを爆撃したり爆破してしまったときに使います。

また、危険物に対する危機感のなさから、爆発などを引き起こした場合も同様です。

それぞれの使い方を書きます。

前者の使い方

「彼の作文は、誤字が多い」

「誤字脱字が多いと読みにくい」

後者の使い方

「味方の陣地を誤爆してしまった」

「スイッチの押し間違いで、誤爆を引き起こしてしまった」

「誤字」を使った例文

ここでは「誤字」を使った例文を書いていきます。

・『誤字を訂正する作業も一苦労である』

・『書物に誤字がないか検品している』

・『誤字脱字チェックツールを使う』

・『誤字脱字の多い文章は、信頼性にも欠けてしまうのだ』

・『誤字がないように気を付けて書いてみました』

「誤爆」を使った例文

最後の項目で、「誤爆」を使った例文を書きます。

・『誤爆させてしまった責任は私にあります』

・『爆撃機が誤爆してしまったようだ』

・『戦場では誤射や誤爆が起きてしまうこともあるのだ』

・『誤爆させないように、日夜気を付けている』

・『誤爆しないように、パイロットには目標を明確に伝えました』

まとめ

まとめとして、「誤字」とは書籍などで、記載されてる漢字が、誤った使われ方をしていることを表しています。

そして、「誤爆」とは、戦争などで爆撃機が、別の目標を爆撃、若しくは爆破してしまうことです。

また、危険物への認識の甘さから、取り扱いにも油断してしまい爆発などを引き起こすときにも使います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典