「課外活動」と「サークル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「課外活動」と「サークル」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「課外活動」「サークル」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「課外活動」とは?

「課外活動(かがいかつどう)」とは、「学校教育において、正規の教育課程(単位となる授業)のほかに児童・生徒・学生が行っている活動の総称」を意味している教育用語です。

「課外活動」という言葉は、「教育課程外の活動」のことなのです。

学校の児童・生徒・学生が行っている具体的な「課外活動」として、「ホームルーム・生徒会・クラブ活動・部活・サークル・ボランティア」などを挙げることができます。

「サークル」とは?

「サークル」とは、「興味関心・趣味・活動目的が似ている人たちの集まり」を意味している言葉です。

「サークル」というのは、文化・芸術・スポーツ・遊び・コレクション・社会問題(社会運動)・思想などに関係している「同好会・趣味の集まり(グループ)」のことなのです。

生徒・学生などが参加している「サークル」は、正規の教育課程に含まれていない自由参加の「課外活動」になります。

「課外活動」と「サークル」の違い!

「課外活動」「サークル」の違いを、分かりやすく解説します。

「課外活動」「サークル」はどちらも「学校教育において正規の教育課程・授業に含まれていない」という共通の特徴を持っていますが、「課外活動」というのは「サークルも含めて、正規の教育課程のほかに生徒・学生が行っている活動全般」のことを意味しています。

そのため、「サークル」というのは「課外活動の一種」として解釈することができる違いがあるのです。

「課外活動」には「部活・クラブ活動・ボランティア・ホームルーム・生徒会」などのいろいろな活動が含まれていますが、「興味関心・趣味を同じくする人たちの集まり」である「サークル」というのはそれらの「課外活動」の一種・一部なのです。

まとめ

「課外活動」「サークル」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「課外活動」とは「学校において、正規の教育課程(単位となる授業)のほかに児童・生徒たちによって実施されている活動の総称、教育課程外の活動」を意味していて、「サークル」「共通の興味・関心や趣味・活動を持っている人たちの集まり」を意味している違いがあります。

「課外活動」「サークル」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典