スポンサーリンク

「調理人」と「料理人」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「調理人」と「料理人」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「調理人」「料理人」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「調理人」とは?

「調理人」とは、国家資格の調理師免許を取得した人物が料理をビジネスとして提供する職業にあることです。

つまり、ビジネス目的で料理をする立場にある職業にいる者が「調理人」になります。

そんな、「調理人」が一般家庭でビジネス以外の目的で料理を自ら行う場合は、「料理人」です。

「料理人」とは?

「料理人」は、ビジネスや一般の食事を作るためだけに調理を行う人物で、調理師免許を持たない人物です。

ビジネスで料理をふるまう場合、調理師の免許は実は必要なく、食品衛生責任者という資格があれば実は料理を提供できる立場にあるため一般人の方でも即座にこの免許を取得すれば一応プロの「調理人」と肩を並べて料理を提供できます。

「調理人」と「料理人」の違い

「調理人」「料理人」の違いは、調理師の免許を持つ人物であるか、誰でも名乗ることができる料理を担当する人というだけであるかです。

「調理人」は、調理師の免許を取得した人物で、「料理人」は料理を担当する免許を持たない人物になります。

「調理人」の例文

・『ホテルの調理人として働く』
この例は、調理師の免許を持つが故、ホテルで料理を担当する人材として雇用してもらい働いている例です。

「調理人」は、調理師免許を持つ人物のことで、この資格を何故企業が必要とするかは、調理のプロである証明と食材の扱いのプロであるという証明がされているためです。

「料理人」の例文

・『専業主婦も立派な料理人だ』
この例は、主婦として活動している人物も「調理人」と同じくらい立派に料理を提供する人物だという例になります。

というのも、調理師の免許は実のところ、学校に通い長期に至り勉強することで食材の扱い方や料理の基本である包丁の使い方の他食材への日の通し方を学びますがぶっちゃけるとそれらを学んでいても実のところ、おいしいかどうかはわかりません。

ですが主婦の方は、そうした調理師の免許を持つ人物よりも優れたアイデアや調理法を持つ方もおり、実質「調理人」と対等の人物も存在します。

まとめ

「調理人」「料理人」の違いは、調理師の免許を持つ人物を指すか、調理師の免許を持たない料理を担当する人物であるかです。

その上で、ビジネスで料理を担当する場合、実は、調理師の免許は不必要で食品衛生責任者の免許があればお店で料理を提供可能です。

「調理人」はあくまで料理に関する知識が豊富で、かつ調理技術が高いというだけでおいしい料理を提供することを保証しているわけではないです。

その為、料理を担当しているというだけの「料理人」の方がおいしい料理を提供していることも多く、実質免許を持たない「料理人」も案外とプロの「調理人」と対等だったりします。

ただ、「調理人」は完全に雇用においては、料理のエキスパートとしての雇用になりますので免許を持たない料理人と比較した場合、企業での雇用は有利に働きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典