スポンサーリンク

「豪腕を振るう」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「豪腕を振るう」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「豪腕を振るう」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「豪腕を振るう」とは?意味

「剛腕を振るう」とは、腕の力にまかせていくことで、ふるうとあるように腕の力を利用して何かをすることを「豪腕を振るう」と呼びます。

なお、豪腕は、ものすごく力が強い腕のことなので、野球などにおいては、豪速球と同じでものすごく、どうであるかを指す言葉で、豪速球は球速が速いことで、豪腕は腕の力が強いことです。

「豪腕を振るう」の概要

「豪腕を振るう」の意味する豪ですが、これは単に強いという意味と、才能があるという意味があり、「豪腕を振るう」は、才能があることを自覚したうえで、力強い腕を振るうということになります。

よって、「豪腕を振るう」は、自分が実力者であると自覚しているが故自分から振るうと言って自分から力を出してやろうという言い方になるのです。

その為、豪速球というのも力強い速い球という意味と才能があるが故に速い球という意味があります。

なお、「豪腕を振るう」は、自惚れやすい人物が自ら実力者であることを公言し、腕前を見せる場合にも使用されますので、必ずしも実力者が腕前を見せるとは限りません。

「豪腕を振るう」の言葉の使い方や使われ方

「豪腕を振るう」は相手に対して実力を見せつける、という意味で使用し、見せつける物は腕で発揮する実力になり、野球やテニスなどのスポーツのようにうでて力を発揮する物に対して使用します。

なお、ビジネスでも使用可能で、腕前という物がまさに自分の腕で成立する場合、ビジネスでも使用可能です。

「豪腕を振るう」を使った例文

・『豪腕を振るうを振るうのは良いが、実力者だと思えない』
この例は、相手に対して実力を見せびらかしている人物に対して疑問を持っている例です。

つまり、実は実力が大したことが無いのではないかと疑い始めています。

・『麻雀大会で豪腕を振るう』
この例は、麻雀の大会で腕前を見せつけるという例です。

なお、麻雀に腕前は関係するかですが、これはイカサマなどを平気で行ってバレなかった場合、これは腕前でズルには違いないんですが、一応腕前として換算し実力者であると称します。

ただ、イカサマがバレた場合、退会雲煙者側は、即刻対象を処分しますので平気で大勢の前でイカサマをすることはよほどの腕前が無いと行わないでしょう。

まとめ

「豪腕を振るう」の振るうという言葉は、自分の持つ技を見せつける行為のことを意味します。

よって、「豪腕を振るう」というのは、自分の持つ腕前の良さや腕力を見せつける行為になります。

逆を返せば、「豪腕を振るう」は、自惚れでは?という疑問が上がりますが、その通りで、「豪腕」にしろ、何かを振るうというのは、見せつけるためにそれを行うので自惚れている可能性はかなり高いです。

よって、「豪腕を振るう」と自分から言って負けた場合、実力者ではない自惚れ屋さんというレッテルが張られても文句を言う資格は一切ありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典