「負けず嫌い」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「負けず嫌い」

「負けず嫌い」=「まけずぎらい」と言います。

まず、「負けず嫌い」と聞くと勝気だというイメージをお持ちになる方も多いでしょう。

では、「負けず嫌い」の使い方として、何が最適か、そして意味などもご紹介するので言葉の使い方を理解しておくと語彙力も高まり表現の仕方もスムーズにできるようになります。

「負けず嫌い」の意味

「負けず嫌い」は、勝気で他人に負けることが大嫌いな性格・タイプの方を言います。

とにかく人に負けるのが大嫌いで、絶対負けないように頑張るさまのことを言います。

また、勝負など負けるのが嫌いなので、勝つためにひたすら練習するなど、努力家のタイプも多いです。

なので、「負けず嫌い」を上手に活用することで、文章作成する上でもどういった人材なのか判断しやすい言葉になります。

「負けず嫌い」の言葉の使い方

日常的によく用いる言葉ですし、どういう意味があり表現なのか掴みやすい印象を与えることができる言葉です。

実際に文章を書く場合、「負けず嫌い」を用いると少し強い印象になってしまったり、想像以上に違ったイメージにとらわれてしまうこともあるので、「負けず嫌い」を活用することで、勝気な性格で他人に負けるのが嫌な性格を強く出してしまう部分も多くなります。

「負けず嫌い」を使った例文・短文(解釈)

「負けず嫌い」を使った例文をいくつかご紹介するので参考にしてください。

「負けず嫌い」の例文1

「彼女は、とても負けず嫌いな性格だ」

対象となる女性は、他人に負けるのが大嫌いな性格だということが分かります。

そして気が強い印象をお持ちになる方もいるでしょう。

女性の性格は強くて勝気な印象だと「負けず嫌い」という言葉を用いて表現することができ、またその女性の大まかな雰囲気などがよく分かるようになります。

「負けず嫌い」の例文2

「この試合は絶対勝つ!と決めた彼は負けず嫌いな性格だ」

試合に絶対勝ちたい!という気持ちが伝わってくるはずです。

「負けず嫌いな性格」と用いたことで、勝気で他人に負けるのが嫌いなので、ひたすら勝つために日々努力している様子が目に浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

勝気な性格ですし、影で努力している部分は絶対見せないタイプです。

「負けず嫌い」の例文3

「負けず嫌いな女性といると息が詰まりそうになる」

女性の方で「負けず嫌い」の性格だと、かなり一緒にいる方は息が詰まるような、そういう張り詰めた空気を察する事ができるはずです。

勝気な方だと、何かちょっと気に入らない事を口にしただけで気分を損ねてしまったり、一緒にいる方が気を使う部分が多くなるので心の安らぎを得ることができないと感じるケースも多々あります。

そういう部分がこの文章から感じ取れるのではないでしょうか。

「負けず嫌い」の例文4

「負けず嫌いな性格な息子だと、両親も認めている」

息子さんの性格は「負けず嫌い」だと認めてらっしゃる様子が伝わります。

やはり子育てをしていると次第に子供の性格も分かるので、両親認めてらっしゃる様子がわかるでしょう。

絶対、負けることが嫌いな息子さんで、自分が決めたことはやり通す性格など、様子がわかるので息子さんがどのような雰囲気か察知することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典