「販売チャネル」と「流通チャネル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「販売チャネル」と「流通チャネル」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「販売チャネル」「流通チャネル」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「販売チャネル」とは?

「販売チャネル」の意味と概要について紹介します。

「販売チャネル」の意味

「販売チャネル」「はんばいちゃねる」と読みます。

意味は「商品やサービスを、消費者に届ける販売方法や場所のこと」です。

「販売チャネル」の概要

「販売チャネル」は、商品やサービスを、メーカーから消費者に届けるまでの経路のことを言います。

一般的に日用品や食料品などの場合、メーカーで製造された商品は「問屋から小売業者へ」「ネット通販業者へ」と流れて、その後消費者の手に渡ります。

「販売チャネル」とは、これらの商品の流れのことを言います。

また、場合によっては消費者が商品を直接購入する場所、つまり店舗やネットサイトなどのことを「販売チャネル」と呼ぶこともあります。

因みに「チャネル」とは英語で「channel」と書き、「水路」「運河」「水道管」という意味です。

つまり「商品やサービスが流れる経路」という意味で使われているのです。

「流通チャネル」とは?

「流通チャネル」の意味と概要について紹介します。

「流通チャネル」の意味

「流通チャネル」「りゅうつうちゃねる」と読みます。

意味は「代理店や運送会社まで含めた、商品やサービスが消費者の手元に渡るまでの全ての販売方法のこと」です。

「流通チャネル」の概要

「流通チャネル」も、「販売チャネル」と同じく、商品やサービスを、メーカーから消費者までに届けるまでの経路のことを言います。

ただし、「流通チャネル」の場合、商品が世の中に流通する経路全てを表します。

「問屋・代理店・運送業者」など、商品の流れに関連する全ての経路を含んだ言葉です。

「販売チャネル」と「流通チャネル」の違い!

「販売チャネル」「商品やサービスを、消費者に届ける販売方法や場所のこと」です。

「流通チャネル」「代理店や運送会社まで含めた、商品やサービスが消費者の手元に渡るまでの全ての販売方法のこと」です。

まとめ

今回は「販売チャネル」「流通チャネル」の違いをお伝えしました。

「販売チャネルは販売経路」「流通チャネルは商品の流れに関する経路」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典