「貪欲」と「欲張り」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「貪欲」と「欲張り」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「貪欲」「欲張り」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「貪欲」とは?

「貪欲」とは、次々と欲が出て満足しないことを言います。

非常に「欲張り」という意味ですが、仕事欲、知識欲が旺盛なことという意味もありますので、全てが悪い意味合いというわけではありません。

「彼は若い頃から仕事に対して貪欲だったから、成功すると思っていた」「あの人の貪欲さにはついていけない」などと、使います。

「欲張り」とは?

「欲張り」とは、欲が深くて欲しがること、またそのような人を表す言葉です。

基本的にいい意味はありませんので、人に対して使う場合は陰で言うことが多いでしょう。

また自分で自分のことを「欲張り」と自虐的に言うこともあります。

「私は欲張りだから3個貰ってきた」「欲張りな考えは捨てた方がいい」「彼女は本当に欲張りだな」などと、使います。

「貪欲」と「欲張り」の違い!

「貪欲」「欲張り」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも欲が深いという意味合いは同じですが微妙な違いがあります。

「貪欲」とは次々に欲を出して「満足しない」ことを言います。

ただの「欲張り」ではなく「とても欲張り」ということになります。

しかし知識欲、仕事欲などにも使いますので、その際は「仕事熱心」「勉強熱心」と、いい意味になることもありますので注意してください。

一方の「欲張り」とは欲の深い行動、またその行動をする人、様子を言います。

いい意味で使うことはないと覚えておいてもいいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「貪欲」「欲張り」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を理解して、ふさわしい方を選び使うようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典