「貸し借り」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「貸し借り」

貸し借りとは貸すことと借りることを指しており、貸借ということもあります。

貸したり借りたりということを表しており、例えばお金の貸し借り、貸し借りなし、などといった表現があります。

「貸し借り」の意味

貸し借りという言葉は基本的に貸したり借りたりということを指しており、一般的には「お金の貸し借りはしないように」「これで貸し借りなしね」などといった使い方があります。

貸したり借りたりという両方の意味を指していますので、注意喚起の時にも使われることがあります。

「貸し借り」の言葉の使い方

貸し借りというのは日常的な表現であり、貸借というと少し改まった言い方になります。

金品を貸すことと借りることという意味を持っており、お金や土地等価値の大きなもので使われることもあります。

「貸し借り」を使った例文・短文(解釈)

それならば、貸し借りという言葉を使った表現には一体どのようなものがあるのでしょうか。

ここでは貸し借りという言葉を使った例文をいくつか紹介します。

「貸し借り」の例文1

「ホームステイ先で、ホストファミリーとは金銭の貸し借りをしないようにしてくださいね、後々トラブルになってしまうことがありますよ」

最近では中学校や高校でホームステイを経験する人も多いのではないでしょうか。

しかし、ホームステイを経験する人の中にはホストファミリーと金銭の貸し借りをしてしまい、後々トラブルに発展させてしまう人も後をたちません。

例えば今現在現金がない、という状態になったとしても、ホストファミリーからお金を借りてはいけません。

また、ホストシスターやホストブラザーからお金を貸してほしいと言われてもお金を貸してはいけません。

金銭というものは非常に繊細なものであり、家庭内であっても金銭の貸し借りは避けた方が良いと言われています。

それがホストファミリーであればなおさらのことです。

「貸し借り」の例文2

「これ以降、貸し借りは無しにしよう。 これ以上のトラブルがあったら困るからね」

人と貸し借りをするというのは意外に大変です。

例えば友達と漫画やCDの貸し借りを行った場合、漫画が途中で折れていた、CDに傷が入っていた、などといったトラブルが生じてしまう可能性があるからです。

傷を入れた側はそれに気づかず、貸した側がそれに気付いて人間関係がこじれてしまうという可能性もないわけではありません。

そのため、物の貸し借りは非常に危険なのです。

特に子供同士が何かの貸し借りをする場合、そこには責任問題が生じますので気をつけなければいけません。

「貸し借り」の例文3

「貸し借りは他人だという諺があるよ、親子であっても気をつけなければいけない」

親子や兄弟であったとしても、金銭の貸し借りにおいては他人同様の冷たい中となりがちである、ということを「貸し借りは他人」という表現で表します。

確かに親子や兄弟の間であればお金の貸し借りをしても大丈夫だろうと思うかもしれませんね。

お金を貸したとしてもきっと帰ってくるだろう、お金が必要なときには頼めば貸してもらえるだろう、と思うかもしれません。

しかし、親密な仲だからこそルーズになってしまい、最終的には返し損ねてしまった、全額返してもらえなかった、などといったトラブルも起こります。

そのためたとえ家族の中であったとしても、貸し借りには気をつけなければいけないのです。

「貸し借り」の例文4

「息子は友達と漫画の貸し借りをしていたよ。 持っていない漫画も読めてよかったみたい」

中には友達と漫画などの貸し借りをするという人もいるでしょう。

お互いに何かに傷がついても良いなどと割り切っている場合は、自分が持っていない漫画なども読むことができて良いかもしれません。

最近では古本屋なども人気がなくなりつつありますが、やはり漫画はいつの時代も人気がありますよね。

そのため、友達と漫画の貸し借りをすることによって持っていない漫画を読むことができるという利点は確かに存在するのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典