「賃貸マンション」と「賃貸アパート」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「賃貸マンション」と「賃貸アパート」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「賃貸マンション」「賃貸アパート」の違いを分かりやすく説明していきます。

「賃貸マンション」とは?

「賃貸マンション」の意味と概要について紹介します。

「賃貸マンション」の意味

「賃貸マンション」は、「持ち主が借り手に貸す物件で、不動産の定義上マンションに当たるもののこと」です。

「賃貸マンション」の概要

「賃貸マンション」とは、持主である大家または不動産会社が、借り手に賃料を取って貸し出す物件で、不動産の定義上「マンション」に該当するものを言います。

実は、「マンション」「アパート」には明確な規準はないのですが、不動産の定義上「マンション」「3階建て以上の集合住宅」「鉄骨造り、鉄筋コンクリート造り、鉄骨鉄筋コンクリート造り建物」とされています。

海外では鉄骨造りであっても集合住宅を「アパート」と呼ぶのです。

日本では、「マンション」と言えばエレベーターが付いていて、セキュリティがしっかりとしているイメージがありますが、上記の様な構造の建物は全て「マンション」で、賃貸物件であれば「賃貸マンション」と言うのです。

「賃貸アパート」とは?

「賃貸アパート」の意味と概要について紹介します。

「賃貸アパート」の意味

「賃貸アパート」とは、「持ち主が借り手に貸す物件で、不動産の定義上アパートに当たるもののこと」です。

「賃貸アパート」の概要

「賃貸アパート」は、持主である大家または不動産会社が、借り手に賃料を取って貸し出す物件で、不動産の定義上「アパート」に該当するものを言います。

アパートとは、「2階建程度」「木造または軽量鉄骨造の集合住宅」とされています。

一般的には木造で、エレベーターがなく、隣近所の音がよく聞こえる物件のことを言います。

「賃貸マンション」と「賃貸アパート」の違い!

「賃貸マンション」「鉄骨造り、鉄筋コンクリート造りの、3階建て以上の賃貸物件」です。

「賃貸アパート」「木造、軽量鉄骨造の2階建て程度の賃貸物件」です。

まとめ

今回は「賃貸マンション」「賃貸アパート」の違いをお伝えしました。

「賃貸マンションは、鉄骨又は鉄筋」「賃貸アパートは、木造又は軽量鉄骨」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典