スポンサーリンク

「質屋の質」と「買取」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「質屋の質」と「買取」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

分かるようで分からない「質屋の質」「買取」の違い。

この記事では、「質屋の質」「買取」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「質屋の質」とは?

現在はフリマアプリを使う人が増えましたが、以前はお金に困ったら質屋へ行くのが当たり前でした。

「質屋の質」とは、お金を調達するために質屋へ差し出す品物のことです。

質屋ではこの品物が担保となり、相応のお金を調達する仕組みになっています。

「買取」とは?

「買取」とは、文字通り品物を買い取ってもらうことです。

査定してもらい、納得がいけば買取をしてもらうことになります。

反対に、査定額に納得できなければ商談成立とはなりません。

「質屋の質」と「買取」の違い

双方の違いは、後で品物を取り戻せるか否かの違いにあります。

質屋では、品物を担保にしてお金を借り、期限内に利息と共にお金を返せば、品物を取り戻せる点が買取店と異なります。

また、利息分を期限内に清算すれば延長も可能です。

買取も、取り戻せる場合もありますが、買取店の利益を上乗せした販売額を支払わなければならないので、随分な出費となってしまいます。

まとめ

質屋では買取も行っていて、その場合は後でお金を返しても品物は返ってきません。

どのようにお金を調達したいのか選べる点では、質屋のほうが便利と感じる人もいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典