スポンサーリンク

「赤ん坊」と「赤ちゃん」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「赤ん坊」と「赤ちゃん」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「赤ん坊」「赤ちゃん」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「赤ん坊」とは?

「赤ん坊」とは、生まれて間もない子どものことです。

胎児や乳児期ころのことを指すことが多くあります。

乳児期とは、生後1歳前後までの時期を指します。

「坊」は親しみを込めたいい方です。

男子を親しみを込めて呼ぶ語の意味もあるのですが、女子にも使われています。

江戸時代を舞台にした小説を読むと「○○坊」という呼び方が登場することがあります。

これは親しみを込めた呼び方で、男子も女子も「坊」をつけて呼ぶことができます。

また、「赤ん坊」は世間知らずの子どもっぽい人という意味もあります。

生まれて間もない子どもは、世間のことを知りません。

そのような意味を含んでいます。

「赤ちゃん」とは?

「赤ちゃん」とは、生まれて間もない子どものことです。

胎児や乳児期ころのことを指すことが多くあります。

親しみを込めた呼び方です。

WHOは高齢者を65歳以上と定義をしていますが、「赤ちゃん」の年齢の定義はありません。

日本では、生後1歳前後を「赤ちゃん」と呼んでいます。

満1歳から小学校に就学するまでの子どものことは、児童福祉法では幼児としています。

「赤ん坊」と「赤ちゃん」の違い

「赤ん坊」「赤ちゃん」も同じことを指しています。

どちらも生まれて間もない子どものことです。

おおよそ生後1歳前後までの子どものことをいいます。

また、どちらも親しみが込められています。

「赤ん坊」は、世間知らずの子どもっぽい人という意味でも使われ、この場合は大人に対しても使われます。

まとめ

どちらも同じもので、生後1歳前後までの子どものことです。

親しみを込めたいい方です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典