スポンサーリンク

「足りない」と「足らない」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「足りない」と「足らない」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「足りない」「足らない」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「足りない」とは?

「足りない」とは、「物・人・お金などの数量が不足していること」「需要(必要)に対して十分な数量・金額ではないこと」を意味しています。

「足りない」というのは、「必要な数量(金額)に対して、お金・人・物などの実際の数量が不足しているさま」を示している表現なのです。

また「足りない」は、「実力・成績などが一定の基準ラインに達していない」といった意味も持っています。

「足りない」の言葉は、現代語の上一段活用動詞「足りる」の否定形であり、「足りる」は江戸時代後期以降に使われ始めたとされています。

そのため、「足りない」は現代において使用頻度が高い表現になっています。

「足りない」の使い方

「足りない」の使い方は、「必要な数量(分量)・金額に対して、実際の物・人・お金などの数量が十分ではない場合」に使うというものになります。

例えば、「スマホを買いたいけれどお金が足りない」「このミッションを達成するためには、必要なプロの人員が足りない」といった文章で使用することが可能です。

また「合格には国語の点数が足りない」のように、「ある物事が一定の基準値に及ばない」といった意味でも使えます。

「足らない」とは?

「足らない」とは、「需要に対して、物・お金・人員などの数量および人数が十分ではないこと」「一定の水準に及ばないさま」を意味しています。

「足らない」の表現には、「必要な数量・金額に対して、実際のモノ・お金・人員が量的(数字的)に不足している」といった意味のニュアンスがあります。

「足らない」は古語の五段活用動詞「足る」の否定形であり、「足る」は江戸時代以前から使われている歴史の古い動詞です。

そのため、「足らない」は現代では使用頻度が落ちてきた表現になっています。

「足らない」の使い方

「足らない」の言葉は、「需要の数量に対して、実際のモノ・人・お金などが不足している時」に使う使い方になります。

例えば、「この公共事業を完成させるには予算が足らない」「建築材料が足らないので、ログハウスの建設を中止しました」などの例文で使用することができるのです。

また「足らない」は、「技術力が足らないのでその仕事は断りました」のように、「その人の実力・技術・成績などが一定の水準に及ばない」の意味でも使えます。

「足りない」と「足らない」の違い

「足りない」「足らない」のシンプルな違いは、現代では「足らない」はあまり使われず、「足りない」が主に使われているという違いです。

「足りない」「足らない」「(必要な数量に対して)物・人などの数や量が不足している」という同じ意味を持っています。

しかし、二つの言葉が誕生した時代の違いから、「足りない」のほうが、古語「足る」を元にする「足らない」よりも「現代風(今風)の言い方で使用頻度が高い」という違いを指摘できるのです。

まとめ

この記事では、「足りない」「足らない」の違いを詳しく解説しましたがどうでしたか?

「足りない」「足りるの否定形で現代語の語感がある表現」であり、「足らない」「足るの否定形で古語の語感がある表現」であるという違いを挙げられます。

「足りない」「足らない」の意味・使い方の違いを知りたい人は、この記事を読んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典