「転機が訪れる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「転機が訪れる」の意味

「転機が訪れる」という表現は、「人生・仕事・物事・人間関係などが、ある状態から別の状態へと変わる機会(きっかけ)がやってくること」を意味しています。

「転機が訪れる」という表現の「転機」とは、「人生・仕事などの状態が変わる機会(きっかけ)」「状況・物事の変わり目」を意味する表現です。

「訪れる」という表現は、「ある事柄(人物)がやってくること・ある事象が起こること」の意味合いを持っています。

「転機が訪れる」の読み方

「転機が訪れる」の読み方は、「てんきがおとずれる」になります。

「転機が訪れる」の表現の使い方

「転機が訪れる」の表現の使い方を紹介します。

「転機が訪れる」の表現の使い方は、「人生や物事がある状態から他の状態へと移り変わる機会(時期)・きっかけになることがある場合」に使うという使い方になります。

例えば、「不運な状況が続く時には、転機が訪れるまで待つことも大切です」といった文章で使用できます。

「転機が訪れる」を使った例文と意味を解釈

「転機が訪れる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「転機が訪れる」を使った例文1

「私のビジネスに転機が訪れたのは、起業してから5年目にある人物と出会った時でした」

この「転機が訪れる」を使った例文は、「私のビジネスが変化する機会(チャンス)がやってきたのは」という意味を持つ文脈で、「転機が訪れる」の表現を使用しています。

「転機が訪れる」を使った例文2

「心から愛することができる女性と知り合ったことによって、私の人生に転機が訪れました」

この「転機が訪れる」を使った例文は、「転機が訪れる」という表現を、「私の人生の状況が変わるような機会・変わり目がやってきた」という意味合いで使っています。

「転機が訪れる」の類語や類義語

「転機が訪れる」の類語や類義語を紹介します。

「転換期が訪れる」【てんかんきがおとずれる】

「転換期が訪れる」という表現は、「物事や人生・ビジネスの状況が大きく変わるような時期がやってくること」を意味しています。

その意味合いから、「転機が訪れる」とほぼ同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「転換期が訪れる」の表現を指摘できます。

「ターニングポイントに差し掛かる」【たーにんぐぽいんとにさしかかる】

「ターニングポイントに差し掛かる」という表現は、「人生・物事・ビジネスが上手くいくかどうかの転換期になってきたこと」を意味しています。

この意味から、「物事・人生の変わり目の時期がやってくること」を示す「転機が訪れる」という表現と類似の意味を持っている類義語として、「ターニングポイントに差し掛かる」の表現を上げられます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典