スポンサーリンク

「転落」と「墜落」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「転落」と「墜落」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「転落」「墜落」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「転落」とは?

「転落」とは、転がり落ちる、落ちぶれるという二通りの意味があります。

「崖下に転落」「塀の上から転落」といった場合は前者の意味ですが、「売れっ子だったのにここまで転落するとは」「借金が原因で転落の道をたどる」などという場合は後者の意味となります。

前後にある言葉からどちらの意味合いなのか判断してください。

「墜落」とは?

「墜落」とは、高い所から落ちるという意味と、盛んだった状態から急速に衰えた状態になるといった意味があります。

「飛行機が墜落する」という場合は前者の意味ですが、「得意の絶頂から墜落し、そのまま行方不明」「彼は墜落したまま、浮上できないでいる」などは後者の意味となります。

前後にある言葉からどちらの意味合いかを判断してください。

「転落」と「墜落」の違い!

「転落」「墜落」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉はどちらも「落ちる」といった意味合いが共通していますが、内容が違いますのでしっかり使い分けをしてください。

「転落」は転がり落ちること、落ちぶれることという意味です。

一方「墜落」は高い場所から落ちる、盛んな状態から急速に衰えた状態になるという意味になります。

つまり羽振りがいい状態からいきなり借金を抱えるなど、「落ちる」までの時間が短い場合は「墜落」となり、少しずつ悪い状態になり最終的に落ちぶれていたといった場合は「転落」が当てはまるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「転落」「墜落」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して、ふさわしい方を選び使ってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典