「輸入車」と「国産車」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「輸入車」と「国産車」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「輸入車」「国産車」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「輸入車」とは?

「輸入車」とは、外国から輸入をした車両のことです。

車両とは、車輪のついた乗り物の総称で、汽車、電車、自動車、バイクなどを指します。

「輸入車」という場合は、主に外国から輸入をした自動車を意味します。

日本で生産されている車はハイブリッド車が主流ですが、「輸入車」はダウンサイジングターボやクリーンディーゼルエンジンが主流です。

「輸入車」には、正規輸入車、並行輸入車、現地生産車があります。

正規輸入者は、海外の自動車メーカーが正式に認定しているものが輸入をした車両のことです。

並行輸入車は、メーカーが認定した正規のものではなく、日本の業者が直接海外から買い付けた車両を意味します。

現地生産車は、日本のメーカーが海外で生産した車両のことです。

「国産車」とは?

「国産車」とは、日本国内で生産されている車両のことです。

主な日本国内のメーカーには、トヨタ自動車、日産自動車、マツダ、SUBARU、三菱自動車工業などがあります。

「輸入車」と「国産車」の違い

「輸入車」「国産車」は、どこで生産されたのかが異なります。

「輸入車」は海外で生産されて、日本国内に輸入されたものです。

「国産車」は日本国内で生産されたものです。

また、維持費や使用なども異なり、「輸入車」の方が維持費は高く、「国産車」はハイブリッドが主流で環境性能が「輸入車」に比べて高くなっています。

まとめ

車両という点では同じでも、「輸入車」「国産車」では、異なる点がいくつかあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典