スポンサーリンク

「輸入車」と「逆輸入車」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「輸入車」と「逆輸入車」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「輸入車」「逆輸入車」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「輸入車」とは?

「輸入車」は、海外から自国に取り入れた車両のことです。

車両とは、車輪がついた乗り物のことで、汽車、電車、自動車、原動機付自転車などがあります。

「輸入車」という場合には、自動車や原動機付自転車のことを指します。

「輸入車」には、正規輸入者と並行輸入車があります。

正規輸入者は、海外で生産をしているメーカーと契約をした輸入元が、自国に取り入れて販売をしている車両を意味します。

日本国内で使用することを想定しているので、日本向けの造りになっています。

並行輸入車は、海外で生産しているメーカーとは契約していない業者が、自国に輸入をした車両のことです。

海外ディーラーが仕入れた並行輸入業者が仕入れ、自国で販売するなどのルートを使用しています。

「逆輸入車」とは?

「逆輸入車」は、自国で生産をした車両を一度海外に輸出し、再度自国に輸入をした車両のことです。

日本で海外向けに生産をして、一度海外に出た車両を今度は日本に輸入をした「逆輸入車」は、海外で使用されることを想定しているので、日本仕様やデザインが日本国内生産品とは異なります。

「輸入車」と「逆輸入車」の違い

「輸入車」は、海外から自国に取り入れた車両のことを意味します。

「逆輸入車」は、自国で生産をしたものを輸出し、輸出したものを自国に輸入した車両のことです。

正規の「輸入車」は日本で使うことを想定した造りになっていますが、「逆輸入車」は日本で生産されているものと仕様が異なります。

まとめ

2つの車両は、どのようなルートをたどって自国に入ってきたのかや、仕様が異なっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典