スポンサーリンク

「近く」と「そば」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「近く」と「そば」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「近く」「そば」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「近く」とは?

「近く」は(ちかく)と読みます。

「学校の近くに本屋がある」など、距離的に近いのをあらわす言葉です。

また「近くなったら連絡します」「近く」は、時間的な接近を意味します。

同じ意味の言葉には、「付近」「近所」「周囲」「あたり」「そば」などがあります。

対義語には、「遠く」「遠方」「離れて」があります。

「近く」英語で表記する場合には、“near”“close”を使います。

「近く」の使い方

「近く」は、かなり曖昧な言葉です。

そのために、いろいろな場面で気楽に使えますう。

しかし詳しい距離や方向を情報として伝える言葉としては、適切とは言えません。

ビジネスなどでは、「学校から徒歩5分程度」「本屋から400メートル南方向」など、所要時間や距離を伝えるのが常識です。

「そば」とは?

「そば」は、漢字で表記すると【側】と【傍】の2つがあります。

【側】は訓読みでは、他に(かたわ(ら))(はた)と読みます。

意味は、空間的に近いことを表現します。

例えば「郵便受けのそばには何も落ちていなかった」では、「そば」は郵便受けがある付近、つまりごく近くを意味しています。

【傍】は訓読みで、やはり(かたわ(ら))(はた)と読みますが、他にも(わき)(そ(う))とも読めます。

意味は、誰かのすぐ近くにいて寄り添うことです。

つまり「いつも君のそばにいるよ」は、漢字表記では【傍】になりなす。

空間的よりも、精神的に近くにいるというニュアンスが強くなります。

また「君はいつも言ったそばから忘れる」「そば」も【傍】の漢字です。

ちなみにこの場合「すぐ後に」の意味になります。

このように「そば」には、【側】の空間が近いこと、【傍】の誰に寄り添うことと、また「?の後に」の意味があります。

さて、同じ意味の言葉には、「間近」「横」「付近」などがあり、反対の意味を持つ言葉には、「離れて」「遠く」などがあります。

「そば」を英語で表記すると、【側】を意味するなら「side」“vicinity”

【傍】を意味するなら“by”“right after”(?の後からの意味) になります。

「そば」の使い方

「そば」は、位置をあらわす時に使うことが多い言葉です。

ある対象物のごく近くにあるけれど、接してはいないときには、「そば」を使います。

他にも誰かを支える、精神的に近くにいるとの意味で「そば」を使います。

「君の力になるよ」というよりも、「君のそばにいるよ」の方が情の深さを感じられます。

「近く」と「そば」の違い

「近く」「そば」は、非常に似通った言葉です。

しかし「薬屋は家の近くにある」「薬屋は家のそばある」では、ニュアンスの違いがあります。

「そば」の方が「近く」よりも、より接近していると理解できます。

その他にも「そば」は、人に寄り添うという意味もあり、物質的だけではなく精神的な近さも表します。

病気の人に「そばにいてあげる」では、心配して寄り添ってあげるというニュアンスが感じられます。

しかしと「近くにいてあげる」では、必要なことがあれば手伝うとのニュアンスになります。

「近く」の例文

・『会社の近くにコンビニが数件ある』

・『発表会が近くなったら、また連絡します』

・『子供のころは、毎年近くの海で泳いだ』

・『近くの営業所までご連絡ください』

「そば」の例文

・『コーヒーカップのそばにあるそのお皿が欲しいです』

・『ちょっとそばまで来たので、寄ってみました』

・『どんな時にでも、あなたのそばを離れません』

・『こんな時こそ、そばにいてあげた方が良いと思います』

まとめ

「近く」「そば」は、あまり深く考えることなく、日常的に使っている言葉です。

しかし、「そば」の方は、精神的な接近、つまり寄り添うという意味があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典