「迷走中」と「迷う」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「迷走中」と「迷う」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「迷走中」「迷う」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「迷走中」とは?

「迷走中(めいそうちゅう)」とは、「自分・物事の進むべき方向性を決められずに、迷いながら前に進めない状態」を意味している言葉です。

「迷走中」という表現には、「迷いながら進んでいるが、なかなか決断することができない状態」「自分が達成すべき目標が分からずに、迷いながら同じところで空回りしている状態」といったニュアンスがあります。

「迷う」とは?

「迷う(まよう)」とは、「どうすれば良いのか決めきれない・どちらにすれば良いのか選べない」「進むべき方向が分からなくなる」「好ましくない欲望・誘惑に負けること」を意味している言葉です。

例えば、「どちらの靴にしようか迷います」「出張先で道に迷いました」「女性の色香に迷ったのです」などの例文で使うことができます。

「迷う」という表現には、「死者の霊魂が成仏できない」の意味もあります。

「迷走中」と「迷う」の違い!

「迷走中」「迷う」の違いを、分かりやすく解説します。

「迷走中」「迷う」はどちらも「進むべき方向が分からなくなっている」という意味合いを持っている似た言葉ですが、「迷走中」「迷う」よりも「抽象的な意味で人生・仕事の進むべき方向性を決められずに迷いながら進んでいる状態」を意味している違いがあります。

つまり、「迷う」には「実際の道が分からなくなる・行くべき方向が分からなくなる」の意味がありますが、「迷走中」のほうは「実際の道・方向ではなくて、人生・仕事などにおいて進むべき方向性が分からなくなって同じところで迷っている状態」を意味している違いを指摘できます。

また「迷走中」という表現には、「迷う」が持っている「好ましくない欲望・誘惑に負けること」「死者の霊魂が成仏できずにさまよう」といった意味合いもありません。

まとめ

「迷走中」「迷う」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「迷走中」とは「自分・物事が進むべき方向性を決断できずに、どうすれば良いか迷っている状態」を意味していて、「迷う」とは「どうすれば良いのか決断できない・道や方向が分からなくなる・色欲などの誘惑に負けること」などを意味している違いがあります。

「迷走中」「迷う」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典